Mac版のSafariとChromeどっちを使う?それぞれの良い点・イマイチな点

僕はもう何年もMac版のブラウザとしてSafariではなく、Chromeを使っています。

過去に何度もSafariに乗り換えようとして断念したのですが、最近再び「Chrome止めてSafariにしたい熱」が上がってきたので、Chromeを止めてSafariを使っています。

その中で見えてSafariの良い点とイマイチな点をまとめました。
比較対象がChromeなので、他のブラウザ、例えばFirefox

Safariのイマイチな点

スポンサーリンク

僕はブラウザを使ってWordpressの記事を書いたり、

ブックマークバーの見た目が全体的に嫌い

もうコレは個人的な好みの問題なのですが、Safariのブックマークバーの見た目が嫌いです。

SafariのブックマークバーはFavicon(ウェブサイトのアイコン)が表示されず、さらにフォルダはアイコンもなくフォルダ名に∨が付くだけ。

しかもブック間アークバーのアイコンが真ん中揃えです。

ところがChromeはFaviconが使えるのでサイトの名前を消してもFavicon(アイコン)で見分けが付くし、フォルダも見やすい。

Safariのほうがシンプルといえばシンプルです。いわゆる「ミニマル(必要最低限)な情報しか載せない」という感じがしますが、見にくい、視認性が悪いです。

ブックマークバーから削除や編集ができない

Safariはブックマークバーのフォルダ内にあるブックマークを削除したり、名前を変更するときブックマークバーから行えません。

削除や編集を行おうと、右クリックするとそのブックマークを開きます。

編集や削除を行いたいときは、サイドバーからブックマークを開くか、「ブックマークエディタ」を開いて編集する必要があります。

フォルダ内にブックマークを追加したあと、名前を変えたり、削除したいとき別の画面で行わないといけないのは、面倒なのとWordpressで編集中の画面で別のページが表示されるので「保存してない!」と一瞬焦ることも。

ブックマークバーのフォルダ内にフォルダを作れない

またブックマークバーの話で恐縮なのですが、Safariはブックマークバーにあるフォルダの中に、さらにフォルダを作ることができません。

これもまた不便。

ページのURLとタイトルをコピーできない

僕はChromeの機能拡張で使って、開いているウェブサイトのページタイトルとURLをプレインテキストや、HTMLのリンクを<a href=”URL”>ページタイトル</a>という形でコピーできるようにしています。

これと同じことがSafariではできません。
ちなみにChromeはCreate Linkという機能拡張があるため、その辺の操作は簡単に行えます。

厳密にはAutomatorやAlfredのWorkflowでできそうなのですが、いろいろ面倒そうで僕には手が出せそうにありません。

実はiPhoneやiPadのSiriショートカットではこれができるのですが、Macではできません。多いときは1日に何度も行う作業なので、これができないのは痛いです。

検索をすると「ページを開けません」と出ることがある

Safariの検索バーに言葉を入れて検索すると時々「ページを検索できません」と表示されることがあります。

Just MyShop 配信停止」と検索したときに出た画面です

多くのケースが英単語を入力したときに起こります。この画面でリロードをしても同じ画面が表示されるので、改めて検索語句を入れ直して検索をするとキチンと表示されます。

WordPressが編集できなくなることがある

これは僕だけの環境なのか、それともWordpress+Safariだと起こることなのかわかりませんが、Wordpressで記事を書いていると編集できなくなることがあります。

もう少し具体的に書くと、Wordpressのブロックエディターで編集中、文字を入力しようとカーソルをあわせても、文字が入力できるモードにならないことがあります。

そしてその状態で一文字消そうとdeleteキーを押すと、1ブロックすべて消えてしまいます。何文字か消そうとdeleteキーを連打したときは、ブロックが何個も消えてしまってすごく焦ります。

この問題は普段、ブラウザを開いているときWordpressを使っている時間が多いので致命的です。

とはいえ、この問題は上でも触れた通り僕だけの環境かもしれず、またWordpressがアップデートされたら改善されるかもしれないので、すべての人に当てはまることではないかもしれません。

Safariのほうがイマイチだけど改善できる点

スポンサーリンク

アドレスがドメインしか表示されない

MacのSafariは初期設定だとURLがドメインしか表示されません。
例えば、AppleのiPad Proのページを見たいときにアクセスするページは https://www.apple.com/jp/ipad-pro/ です。

Safariは初期設定だとアドレスバーに「apple.com」としか表示されません。

日常的にただインターネットをしている人はそれでも良いのかもしれませんが、ブログを書く仕事をしているとそれでは不便です。

そこでURLはすべて表示できるよう設定を変えました。

  1. Safariを開く
  2. 画面左上のSafariをクリック
  3. 環境設定をタップ
  4. 詳細をタップ
  5. Webサイトの完全なアドレスを表示にチェックを入れる

タブにFaviconが表示されない

またFaviconの話か?と思われるかもしれませんが、僕は視認性をあげてくれるFaviconを非常に重宝しています。

タブを15個開いたとき、Faviconがないとズラッと並ぶタブにはギッシリとページのタイトルが並んで、タブを切り替えるとき開きたいタブを探すのが大変です。

ところがFaviconが表示されると各ページのFaviconが表示されるので、探しやすくなります。

Safariは初期設定ではFaviconが表示されませんが、設定を変えることで表示させることが可能です。

  1. Safariを開く
  2. 画面左上のSafariをクリック
  3. 環境設定をタップ
  4. タブをタップ
  5. タブでWebサイトのアイコンを表示にチェックを入れる

検索バーのカスタマイズができない

Safariの場合、画面上部にある検索バーは設定で指定した検索エンジンでしか検索できません。

ところがChromeの場合、画面上部にある検索バーであらゆるサイトの検索ができてすごく便利です。

僕の場合、このような設定をしています。

  • ;gp tab … Googlefフォト内の検索
  • ;amzn tab … Amazon内の検索
  • ;ringo tab … 当ブログ「りんごの使い方」の検索
  • ;yt tab … YouTube内の検索

これらを入れた後、検索したい言葉を入れるとそのサイト内で検索を行い、検索結果が表示されます。ものすごく便利です。ところがそれがSafariでは行えません。

ちなみにこれとほぼ同じことをAlfredというアプリのWeb Searchで行うことができます。Alfredで設定してしまえば、デフォルトのブラウザを変えても同じ検索ができます。

Safariの良い点

パスワード管理がOSレベルで使える

SafariにもChromeにもパスワード管理機能があります。

パスワードを管理するということだけを考えれば、僕の目にはどちらも大した差があるようには思えません。

ただ1つだけ大きな違いがあります。それはSafariで使っているパスワード管理機能はSafariだけでなく、macOSやiOSの他のアプリやブラウザでも機能します。

逆をいうとChromeはmacOSやiOSのChromeでは共有できますが、Chromeに登録されたパスワードをSafariや他のアプリで使うことはできません。

これが地味に便利。

Touch Barが割と使える

Macbook Proユーザー限定の話ですが、SafariのほうがTouch Barを活かした機能が搭載されています。ただし「オマケ程度」の優れた点です。

  • タブが1つのときや新規のタブを開くと、ブックマークバーが表示される
  • タブのサムネイル(すごく小さいけど)が表示される

正直使うか?と言われると、あまり使っていません。ただ便利に思う人もいるかもしれないので、書いておきました。

全体的にはChromeが良いかも

SafariとChromeどっちが良い?と思い、いろいろ試してみましたが、今の段階ではChromeを使っている方が利便性が高そうです。

もちろん細かく見ていくとSafariのほうが良い点もあるのですが、Chromeのほうが機能拡張が多く自由度が高いです。ただSafariに致命的な欠陥があるか?と言われると、そんなことはありません。

2020年秋にmacOSがアップデートします。その時、タブでFaviconが最初から表示されたり、機能拡張を探しやすくなるなどいろいろアップデートがあるようです。そのアップデートに大きく期待します。

僕はせっかくChromeからSafariに移行できるよう準備をしたので、とりあえずSafariをもう少し使い続けることにします。で、もし「やっぱりChromeが良い」となったら、Chomeに戻ります。

またいろいろ得ることがあったら別途記事にするか、この記事をアップデートしますので、興味がある方はまたチェックしてみてください。

関連記事