[iPhone・iPad]写真や動画を消したのに容量が増えない。そんなときの対処方法

iPhoneやiPadのストレージの容量が少なくなってきたから、写真や動画を消したのに、全然容量が増えない。そんな経験したことありませんか?

この記事では写真や動画を消したのにiPhoneやiPadのストレージが増えないときにどうすれば良いのかを紹介します。

「最近削除した項目」も消しましたか?

スポンサーリンク

まずチェックしておきたいのは最近削除した項目のなかにある写真や動画を消したかどうかです。

最近削除した項目というのは、パソコンで言う「ゴミ箱」のような存在です。そのためすぐには削除されず、カメラロールで消した写真を30日間保存してくれるものです。

なぜ30日間は消さないのか?というと、誤って写真を消してしまったときに、その写真を復元できるようにするためです。

最近削除した項目の写真や動画を消す方法

では、最近削除した項目のなかにある写真や動画を消すにはどうしたら良いのか?というと、以下の操作を行えば簡単です

  1. 写真アプリを開く
  2. 画面下のアルバムをタップ
  3. 下にスクロールして最近削除した項目をタップ
  4. 画面右上の選択をタップ

  1. すべてを削除をタップ
  2. 確認のメッセージをタップ
  3. 以上ですべての最近削除した項目がキレイに消えました

他にもチェックしておきたいこと

スポンサーリンク

最近削除した項目にある写真や動画を削除する以外にも、以下の2つもチェックしておくといいかもしれません。

  1. iCloud写真(旧iCloudフォトライブラリ)
  2. マイフォトストリーム

特にマイフォトストリームがオンになっていると、iPhoneやiPadの写真や動画をiCloudにアップロードした上で、iPhoneやiPadのストレージも圧迫します。

もしiCloudに写真をアップロードする必要がない場合は、iCloud写真やマイフォトストリームをオフにするとストレージの空き容量は更に増えます。

それぞれの違いやどんなことができるのかについては下記の記事を参考にしてみてください。

iCloud写真(旧:iCloudフォトライブラリ)とマイフォトストリームの違いって何?

iCloud写真とマイフォトストリームをオフにする方法

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールし、写真をタップ
  3. iCloud写真マイフォトストリームをオフに

これでそれぞれが占有していたストレージが解放され、さらにストレージに空き容量が増えるはずです。

関連記事