AirTagの名前を変える方法

スポンサーリンク

この記事ではAppleの紛失防止タグ「AirTag」の名前を変える方法を紹介します。

Appleのほとんどの製品は購入後に名前が付けられますが、どれも「〇〇のiPhone」や「〇〇のMacBook Pro」といったようにユーザーの名前がバレバレの名前になってしまいます。

AirTagも例外ではありませんので、名前を変えてあげましょう。

AirTagの名前はiPhoneなどと少し違う

AirTagはiPhoneやiPad、MacBookとは少しだけ違った名前の付けられ方をします。

初期設定で「何に付けますか?」と聞かれ、そのとき選んだ物が名前に付けられます。例えば「〇〇の鍵」や「〇〇の自転車」といった具合です。

スポンサーリンク

家族がみんなAirTagを使っているなら、名前があったほうがいいかもしれませんが、一人暮らしの人や名前を晒すことに抵抗がある人にとっては「〇〇の鍵」のように名前が入っている必要はまったくありません。

またこれは個人的な感じ方なのですが、英語圏の人たちはお互いを名前で呼ぶので「Timの鍵」とか「Timの鞄」という名前を付けても違和感ありませんが、日本人はお互いを名前で呼ぶことがあまりないし、「太郎の鍵」とか書かれることに違和感を覚えます。

そういう意味でもAitTagに限らずApple製品の名前は自分が好きな名前に変えることをお勧めします。

AirTagの名前を変える方法

さてここからが本題です。AirTagの名前はどうやって変えればいいのか紹介します。

  1. 探すアプリを開く
  2. 画面下の持ち物を探すをタップ
  3. 名前を変えたいAirTagをタップ
  4. 下にスクロールして持ち物の名称変更をタップ
  5. 名前を変更する
  6. 画面右上の完了をタップ

以上でAirTagの名前が変わります。iPhoneやiPad、Macの名前を変えるよりずっとわかりやすいです。

関連記事