何が変わった?iOS 14.5.1・iPadOS 14.5.1がリリース

スポンサーリンク

本日2021年5月4日、AppleはiOSとiPadOSの最新版iOS 14.5.1とiPadOS 14.5.1をリリースしました。

この記事ではiOS 14.5.1とiPadOS 14.5.1で何が変わったのか紹介していきます。

iOS 14.5.1とiPadOS 14.5.1の変更点

今回の変更点は「アプリのトラッキングの透明性」に関する修正が行われています。

もう少し具体的に説明すると、「設定」で「Appからのトラッキング要求を許可」を無効にした後、その設定を有効に戻しても、そのまま無効状態になる、つまり広告などが正しく表示されないという不具合がありました。

それ以外にもセキュリティーのアップデートが行われています。

スポンサーリンク

iOS 14.5からアップデートの場合、iPhone 11 Proで100MBちょっとでした。同程度の用量であればアップデート自体はすぐに終わってしまいます。

アップデートした方が良い?

今回のアップデートはバグの修正やセキュリティーのアップデートしか行われていないため、アップデートしても新しい機能が増えたりすることはありません。

ユーザー視点で見ると非常に退屈なアップデートではあります。

ただ「より安全に」「より安定した状態」でiPhoneやiPadを使うことを考えたら、iOS 14.5.1・iPadOS 14.5.1にアップデートしておくことをお勧めします。

ソフトウェア・アップデートに関する記事

関連記事