iPhoneやiPadが調子悪い。そんなときはリセットを試してみよう 【iOS 12.1対応】

iPhoneやiPadが調子悪い。そんなときはリセットを試してみよう 【iOS 12.1対応】

iPhone・iPadをiTunesなしで工場出荷時の状態に戻す(リセットする)方法
Apple Watchのパスコードを忘れた・ロックがかかったときの対処方法
Sarahahのパスワードを忘れたときリセットする方法と変更方法

スポンサーリンク

「最近iPhoneが前よりも遅くなった気がする」「使っていて調子が悪い」

パソコンでもそうなんですけど、iPhoneやiPadも長く使っていると、どこか調子が悪くなってしまうことがあります。

そんなとき、iPhoneやiPadを再起動すると直るケースがけっこうあります。

ところが再起動では直らないこともあります。そんなときに試したいのがすべての設定をリセットすることです。

「すべての設定をリセットする」って何?

すべての設定をリセットというのは文字通りすべての「設定」をリセットします。

スポンサーリンク

あくまでも「設定」なので、iPhone・iPadで撮影した写真のデータやゲームのセーブデータ、Instagram・Twitterのデータは消えません。

その代りパスコードやTouch ID、通知、位置情報など多くのiPhone・iPadの設定が消えてしまうので、リセットしたあとはそれらを再設定する必要があります。

すべての設定をリセットする方法

すべての設定をリセットするには以下の手順で行なっていきます。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. 下にスクロールし、リセットをタップ
  4. すべての設定をリセットをタップ

  1. パスコードを入力
  2. すべての設定をリセットをタップ
  3. すべての設定をリセットを再度タップ

これで設定はリセットされます。

リセットしたあとが思いのほか大変です

もう一度書きますが、「すべての設定をリセット」したあとは、多くのiPhone・iPadの設定が消えてしまいます。

スポンサーリンク

「Touch ID」や「Face ID」、「Apple Pay」、「通知」や「位置情報」、「画面の明るさ」などの設定を改めて行う必要がありますので、リセットを行う時は時間に余裕を持って行うようにしてください。

 

スポンサーリンク

COMMENTS