iPhoneが調子悪い。そんなときはリセットを試してみよう 【iOS 11対応】

iPhoneが調子悪い。そんなときはリセットを試してみよう 【iOS 11対応】

iPhone/iPadメッセージアプリでステッカーを削除する方法 iOS 11対応
【iOS 11】コントロールセンターから消えたNight ShiftやAirDropはどこにいった?
【iOS 11】写真の回転ができる編集メニューがない!?ここにあります

スポンサーリンク

最近、iPhoneが前よりも遅くなった気がする。なんか使っていて調子が悪い。パソコンでもそうなんですけど、長く起動しっぱなしでずっと使っていると、どこか調子が悪くなってしまうことがあります。

そんなとき、iPhoneを再起動すると直るケースがけっこうあります。

ところが再起動では直らないこともあります。そんなときに試したいのが「すべての設定をリセット」することです。

「すべての設定をリセット」は文字通り「設定」をすべてリセットするものなので、肝心のデータ消えることはありません。ただしパスコードやTouch ID、通知、位置情報など多くのiPhoneの設定が消えてしまうので、再設定する必要があります。

すべての設定をリセットする

すべての設定をリセットするには以下の手順で行なっていきます。

ホーム画面の設定一般、そして画面の一番下にあるリセットをクリック。そしてすべての設定をリセットを押します。

スポンサーリンク

reset-all-settings-ios-01

するとパスコードを入れる画面が出てくるので入れます。そのあと確認のメッセージが出てくるので、そのメニューに従いましょう。

reset-all-settings-ios-02

リセットしたあとが思いの外大変です

もう一度書きます。

「すべての設定をリセット」したあとの「通知」や「位置情報」、「Touch ID」「画面の明るさ」などの設定などが消えています。

その点だけ気をつけて「奥の手」としてお試しください。

スポンサーリンク

COMMENTS