iPhoneやiPadでQRコードを読み取る方法

この記事ではiPhoneやiPadでQRコードを読み取る方法を紹介します。

iOS 11以前はQRコードを読み込むためのアプリをインストールしなければ、iPhoneやiPadでQRコードを読み取ることはできませんでした。

ところが2017年9月にリリースされたiOS 11からは特別なアプリを入れなくてもiPhoneやiPadのカメラでQRコードを読み取ることができます。

iPhone・iPadでQRコードを読み取る方法

スポンサーリンク

iOS 11以降が入っているiPhoneやiPadを使っている人なら、QRコードの読み取りは非常に簡単です。

もし使っているiPhoneやiPadにどのiOSが入っているか知りたい方は下記の記事をご覧ください。

QRコードを読み取るときは

  1. カメラを開く
  2. カメラをQRコードに向ける
  3. QRコードが読み取られると画面の上に通知が出るので、その通知をクリック

これだけでQRコードの情報を読み取ることができます。ウェブサイトのアドレスが書かれている場合は、Safariでリンクを開き、アドレス帳の場合は、連絡先アプリが開きます。

もしiOS 11以前のiOSを使っている場合は

もしiOS 10などiOS 11以前のiOSを使っている場合はApp StoreからQRコードを読み取るアプリを探してきましょう。

App Storeで「QRコード」と入力すると、無料のアプリをたくさん見つけることができるはずです。

なかでも評価が高く、カメラアプリでは残せない「履歴を残せる」という機能がある「QRコードリーダー (iPhone / iPad対応)」や、QRコードを作成する機能もある「Qrafter – QRコード」はお勧めです。

関連記事

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。