iPhone・iPadの使い方

iPhone・iPadで短縮URLを作る・長いアドレスを短くする方法

スポンサー・リンク

iPhoneやiPadを使って、ウェブサイトのアドレス(URL)をシェアしようと思ったら、やたらと長いアドレスで「このままシェアして良いのかな」と躊躇することありませんか?

そこでこの記事ではそんな長いURLを短くする(URLを短縮する)方法を紹介します。

Siriショートカットを使って短縮URLを作る方法

まず紹介するのが、iOS 12から搭載されたSiriショートカットという機能を使って、URLを短くする方法です。

  1. iPhoneかiPadで「URLを短縮|Siriショートカット」を開く
  2. ショートカットを入手をタップ

これでSiriショートカットに「URLを短縮」が追加されました。

コピーしたURLを短くする方法

コピーしたURLを短くするときは以下のように行います。

  1. ショートカットを開く
  2. ライブラリを開いていない場合は、画面下のメニューからライブラリを開く
  3. URLを短縮をタップ
  4. もし「実行してもよろしいですか?」と出た場合は、ショートカットを実行をタップ

あとはすべて自動でURLを短くして、短くなったURLはコピーされます。あとはFacebookやTwitterなどSNSやメールなどに貼り付け(ペースト)して使うことができます。

アプリからURLを短くする方法

SafariやChromeなどのブラウザ、さらにTwitterなどのアプリからURLを短くする方法です。

ここではSafariを使ったやり方を紹介します。

  1. シェアしたいウェブページやTwitterのツイートを開く。
  2. シェアボタン をタップ
  3. 下の段のメニューからショートカットをタップ。
  4. URLを短縮をタップ

もし3番のメニューの中にショートカットがない場合は以下の操作を行うと表示させることができます。

  1. シェアボタンを押した後、ショートカットがないときはその他をタップ
  2. アクティビティのなかにあるショートカットオン
  3. これで無事にURLを短縮することができます

アプリを使ってURLを短くする方法

アプリを使ってURLを短くすることも可能です。その場合は、Bit.lyなどのアプリをApp Storeからダウンロードし、初期設定をするだけでURLの短縮を行えます。

ちなみにBit.lyの場合、SafariやChrome、Twitterの画面からURLを短縮することはできませんので、特定のURL短縮サービスを使いたい人意外は上で紹介したSiriショートカットを使うのが便利です。

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告

ABOUT ME
masa osada
masa osada
ニュージーランド在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから使ってます。