iPhone・iPadの使い方

iPhoneのアラームを「音あり・バイブなし」や「音なし・バイブのみ」に設定する方法

スポンサーリンク

iPhoneのアラームをかけていて、「音が鳴らずにバイブだけで知らせてくれたら良いのに」とか、その逆で「バイブは無しで音だけで知らせてくれたら良いのに」と思うことありませんか?

今回はiPhoneのアラームを「音あり・バイブなし」や、その逆に「音なし、バイブあり」で鳴らす方法を紹介します。

iPhoneのアラームを「音あり・バイブなし」にする方法

iPhoneをテーブルの上に置いた状態でアラームが鳴ると、アラームの振動が机を伝って他の人に響いてしまったり、ガラス製のテーブルの上だと意外と大きな音がしてしまうことがあります。

そんなときはアラームを「音あり・バイブ無し」にすると良いかもしれません。

iPhoneのアラームを音あり・バイブ無しにする方法 1/2

iPhoneのアラームを「音あり・バイブなし」に設定するには

スポンサーリンク

  1. アラームを追加する画面でをタップ
    または、既存のアラームの設定を変える場合は、画面左上の編集を押し、編集したいアラームをタップする。
  2. サウンドをタップ
    iPhoneのアラームを音あり・バイブ無しにする方法 2/2
  3. バイブレーションをタップ
  4. 画面1番下にスクロールし、なしをタップ

これでアラームの音を鳴らしたまま、バイブレーション(振動)のみオフにすることができます。

iPhoneのアラームを「音なし・バイブあり」にする方法

では、逆にiPhoneのアラームを「音あり・バイブなし」にするにはどうすればいいのでしょうか。

「音なし・バイブあり」のアラームは電車やバスのなかでアラームを鳴らしたいときや、人と会ってるとき相手に知られず、終了の時間を知らせてもらうときに重宝します。

「音なし・バイブあり」のアラームをセットする方法の、最初は上で紹介したやり方と全く同じですが、念のため紹介しておきます。

  1. アラームを追加する画面でをタップ
    または、既存のアラームの設定を変える場合は、画面左上の編集を押し、編集したいアラームをタップする。
  2. サウンドをタップ
  3. 画面を一番下までスクロール
  4. なしをタップ

これでアラーム音は鳴らずにバイブレーションのみでアラームを教えてくれるようになります。

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。