Macbook ProのTouch Barにファンクション(fn)キーを表示させる方法

Macbook Proから2016年発売のモデルから物理的なファンクションキー(Fnキー)を廃止し、Touch Barと呼ばれる細長いディスプレイを配置しました。

この細長いディスプレイは購入してすぐの状態だと「F1」「F2」などのファンクションキーは表示されていません。その代わりディズプレイの輝度や音量などが表示されています。

では、どのようにしたらF1やF2などのファンクションキーを表示させることができるのでしょうか。

Touch Barにファンクションキーを表示させる方法

スポンサーリンク

Touch Barにファンクションキーを表示させる方法は非常に簡単です。

JISキーボードならスペースキーの右、USキーボードならスペースキーの左端にあるfnキーを押すとTouch BarにF1、F2などが表示されます。

ただしFnキーを押している間しかF1やF2は表示されません。
つまりF7を押してカタカナに変換することに慣れている方の場合、いちいちFnキーを押してTouch Barの表示を変えるのは面倒ですね。

そんな人の場合、常時ファンクションキーを表示させることもできます。

Touch Barに「常時」fnキーを表示させる方法

スポンサーリンク

Touch Barにファンクションキーを常時表示させる方法

Touch Barにファンクションキーを常に表示させるには、

  1. 画面左上にあるアップルマークをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. キーボードをクリック
  4. Touch Barに表示する項目F1、F2などのキーに変更

たったこれだけです。

今まで表示されていた音量の調整や画面の輝度の設定、アプリごとに表示されるボタンを表示させたい時はFnキーを押せばOK。

ちなみにTouch Barに表示する項目はAppコントロールControl Strip(展開した状態)F1、F2などのキークイックアクションの4つから選ぶことができます。

念の為、それぞれどんなものが表示されるのか紹介します。

「Appコントロール」で表示されるもの

Appコントロールというのは、アプリの状態に併せてTouch Barが変わるモードです。

例えばChromeの場合、ESCキーやSiriなどと併せて以下のようなメニューが表示されます。

ところがIllustratorを開くと

このように変わります。さらにPhotoshopを使ってみると

また違う表示に変わりました。

他にも文字を入力していると「ひらがな」「カタカナ」「英数字」などに変換するボタンが表示されるので、F7などを押す必要がなくなります。

この表示はアプリごとに変わり、またアプリのなかでも選択したツールによって表示が変わることもあります。

「Control Strip」で表示されるもの

Control Stripで表示されるのは

  • ディスプレイの輝度
  • 音量
  • Spotlight
  • Siri

などのボタンが一覧で表示されるものです。

「F1、F2などのキー」で表示されるもの

これは名前のままですね。従来通りのF1やF2が表示されます。

「クイックアクション」で表示されるもの

macOS Mojaveで搭載された新機能「クイックアクション」を表示させることができます。

クイックアクションはついて紹介すると長くなってしまうので、ここでは割愛させていただきます。

関連記事