iPhone Xでサイドボタンを押してもApple Payを起動しなくする方法

iPhone Xでサイドボタンを押してもApple Payを起動しなくする方法

iPhoneやiPadでアプリの通知が来ないときの対処方法(iOS 11・iPhone X対応)
iPhone Xでここが変わった!基本操作「Wallet(Apple Pay)をロック画面から呼び出す」
【検証】日本のApple Payは海外でも使えるのか

スポンサーリンク

この記事ではiPhone Xでサイドボタンをダブルクリックしても、Apple Payが表示されないようにする方法を紹介します。

こんな経験ありませんか?

何気なくiPhone Xの画面を見たら、Apple Pay(Wallet)の画面になっていた経験ありませんか?

Apple Payは顔認証、もしくはパスコードを入れなければ勝手に支払われません。また、たとえ顔認証が通ったあとやパスコードを入れたあとでも他人にクレジットカード番号を知られることはありません。

なので、Apple Pay(Wallet)が画面に出てくるのが気にならない人もいますが、中には「Apple Payの画面が出てくるのが嫌」という方もいるはずです。

サイドボタンを押してもApple Payが起動しなくなる方法

サイドボタン(電源ボタン)をダブルクリックをすることで、Apple Payが起動するのを止めるには以下の操作を行います。

スポンサーリンク

  1. 設定を開く
  2. WalletとApple Payをタップ
  3. サイドボタンをダブルクリックオフ

これでサイドボタンをダブルクリックしてもApple Pay(Wallet)が開くことはなくなります。

再びサイドボタンを押したときにApple Pay(Wallet)を起動させたいときは、オフにしたサイドボタンをダブルクリックを再びオンにすることで使えるようになります。

Apple Payが使えなくなります

iPhone Xのサイドボタンをダブルクリックしても、Apple Payが開かないようにしてしまうと、Apple Payが使えなくなってしまいます。

Walletを起動してもカードは表示されますが、決済をすることができません。

なので、サイドボタンをダブルクリックしてApple Payを起動しなくする=Apple Payは使わえないということを理解の上でオフにするようにしましょう。

スポンサーリンク

COMMENTS