Macをセーフモードで起動する方法(Appleシリコン M1チップ搭載Mac対応)

この記事ではMacをセーフモードで起動する方法を紹介します。

通常Macを起動するときに自動でいくつもプラグインを読み込んだり、アプリを起動したりします。

セーフモードはそういった自動で読み込むプラグインやアプリを停止し、さらにキャッシュを削除した状態で起動させるモードです。

セーフモードで起動することによって問題が発生しているとき、原因を突き止めやすくなります。

Macをセーフモードで起動する方法

スポンサーリンク

セーフモードで起動する方法はIntel製CPUを搭載したMacと、2020年11月にリリースされたApple製チップのAppleシリコン(M1チップ)を搭載したMacシリーズでセーフモードの起動のやり方が少し違います。

Intel製のCPU搭載Macをセーフモードで起動する方法

まずはIntel製のCPUを搭載したMacをセーフモードで起動する方法です。

  1. 画面左上のアップルロゴをクリック
  2. システム終了からMacを終了させる
  3. 10秒以上待つ
  4. 電源を入れるのと同時にShiftキーを押し続ける
  5. Appleロゴが出て、起動状況がわかるバーが表示されたらShiftキーを押すのを止める
  6. あとは起動するのを待つ

Appleシリコン(M1チップ)搭載のMacをセーフモードで起動する方法

続いてAppleシリコン(M1チップ)を搭載したMacをセーフモードで起動する方法です。

  1. 画面左上のアップルロゴをクリック
  2. システム終了からMacを終了させる
  3. 10秒以上待つ
  4. 電源ボタンを押してオプションが表示されるまで押し続ける
  5. 起動ディスク、初期設定はMacintosh HDをクリックすると白い枠で囲まれ続けるが表示される
  6. Shiftキーを押すと続けるセーフモードで続けるに変わるので、Shiftキーを押したまま起動ディスクをクリック
  7. 起動が始めるので、起動が終わるのを待つ

セーフモードで起動に成功するとログイン画面の右上に赤い文字でセーフモードと表示されます。

もし「セーフモード」と表示されていない場合はセーフモードでログインできていませんので、再起動してもう一度試してみましょう。

情報元:Macをセーフモードで起動する – Apple サポート

セーフモードを終了して通常モードに戻す方法

スポンサーリンク

セーフモードで起動したあと、通常モードに戻したいときはいつも通り「再起動」をすればOKです。

関連記事