iPhoneとiPad間で写真や動画を勝手に共有(同期)するのを止める方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPad、Macの「写真」アプリは、初期設定のままだとそれぞれの端末で撮影した写真や動画をiCloud経由で共有(同期)します。

どの端末でも同じ写真や動画を見ることが出来るのは便利なんですけど、iCloudの無料ストレージは500MBしかありません。そのためすぐに容量がいっぱいになってしまいます。

そこでこの記事ではiPhoneやiPad、Mac同士で勝手に写真を共有(同期)するのをオフにする・無効にする方法を紹介します。

複数の端末間の写真共有をオフにする

Appleが提供するiPhoneとiPad、Macのあいだで写真や動画を共有するサービスは2つあります。

  • iCloud写真
  • マイフォトストリーム

スポンサーリンク

この2つの写真共有をオフにすれば、勝手に写真や動画の共有(同期)をオフにすることができます。

やり方は

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールして写真をタップ
  3. iCloud写真オフ
  4. マイフォトストリームオフ

たったこれだけです。簡単ですね。

ちなみに「iCloud写真」と「マイフォトストリーム」は似ていますが、機能・目的が若干異なります。使い方によってはiCloudのストレージを圧迫せずに他の端末と写真を共有することができます。

iCloud写真とマイフォトストリームの違いは?

iCloud写真マイフォトストリームの違いが何か?を一言で説明するなら以下のような違いがあります。

  • iCloud写真 … 写真や動画をまるごとバックアップするサービスで、iCloudのストレージが減る。
  • マイフォトストリーム … 写真のみ30日間だけ一時的に他の端末と共有できるサービス。iCloudのストレージが減らない。

スポンサーリンク

つまり「写真だけ」「30日間だけ」とは言え、マイフォトストリームは他のiPhone・iPad・Macのあいだで写真を同期でき、さらにiCloudのストレージ容量も食いません。

もし他人が使う可能性があるiPadで写真が共有・同期されたら困るとかでなければ、オフにせずオンのままでも問題なさそうです。

ただiCloudはストレージ容量を食うので有料プランにする予定がない人はオフにしても問題なさそうです。

もう少し詳しい違いを知りたい場合は、下記の記事を参照ください。

関連記事