iPhone/iPadの画面が勝手にロックされないようにする方法(iOS 12.1対応)

スポンサー・リンク

iPhoneやiPadにメモした画面を見ながら料理をしたり、画面に書かれている内容をノートや手帳に書き写している時など、「画面が消えないでほしい」「画面がロックしないで欲しい」時ってありますよね。

画面が消えないように1分おきとかで画面をタッチすれば良いんですけど、料理をしているときにそんな短い間隔で何度もタッチすることはできません。

そんなときのためにiPhone/iPadの画面がすぐに消えないようにする、つまり自動ロックを解除、または自動ロックがかかるまでの時間を延長する方法を紹介します。

iPhone/iPadの画面の自動ロックを解除、または延長する方法

スポンサーリンク

画面が勝手に暗くなるのは、一定時間が経つと勝手に画面が消えてロックされるよう設定されているからです。

工場出荷時(購入時)の設定はiPhoneが1分、iPadは2分に設定されています。

その画面がロックされるまでの時間を変えれば、一定時間が経っても暗くならないようにしたり、そもそも画面をロックさせないことも可能です。

では、どうやってやるのか?というと。

  1. 設定を開く
  2. 画面表示と明るさをタップ。
  3. 自動ロックをタップ
  4. ロックがかかるまでの時間を選ぶ。

セキュリティーを考えるとiPhoneの場合は「30秒」とか短めがいいことはわかっていますが、個人的には普段は「2分」に設定していて、料理をする時などは自動ロックを解除しています。

ちなみにiPhoneの場合、ロックまでの時間は

  1. 30秒
  2. 1分
  3. 2分
  4. 3分
  5. 4分
  6. 5分
  7. なし

これらの中から選ぶことができます。

そしてiPadの場合は

  1. 2分
  2. 5分
  3. 10分
  4. 15分
  5. なし

と少しだけ長めに設定することが可能です。

低電力モードのときはロックまでの時間が固定に

スポンサーリンク

もしiPhoneの電池が少なくなったときに省電力モードをオンにすると、スクリーンがロックするまでの時間が短く設定されます。
ちなみにiPadに省電力モードはありません。

省電力モードではスクリーンがロックされるまでの時間は「30秒」です。

iPhoneに限らず、スマホやタブレットは画面がずっと点灯しているのはバッテリーを非常に食うため、こういった処置が取られているようです。

関連記事