【iPhone・iPad】縦に長いウェブサイトのスクリーンショットを1回で撮る方法

スポンサーリンク

iPhone・iPadで縦に長いウェブサイトのスクリーンショットを撮りたいときどうしていますか?

何回かスクリーンショットを撮って、そのまま保存したり、アプリを使って1枚に繋げる人もいますが、実はSafariなら縦に長いウェブサイトのスクリーンショットをたった1回で撮ることができるんです。

この記事ではどうやってページ全体のスクリーンショットを撮ることができるのか、そのやり方を紹介します。

縦に長いウェブサイトのスクリーンショットを1回で撮影する方法

縦に長くて1回のスクリーンショットで収まりきらないことありますよね。
そんなときは「Safari」を使ってスクリーンショットを撮ってみてください。Safariなら何度もスクリーンショットを撮らずに1回でページ全体のスクリーンショットを撮ることができます。

では、具体的にどのように撮影するのか?と言うと、驚くほど簡単です。

スポンサーリンク

Safariで画面全体のスクリーンショットを撮る方法 iOS 13・iPadOS
  1. Safariでスクリーンショットを撮りたいページを開く
  2. いつも通りスクリーンショットを撮る
    ホームボタンがないiPhoneの場合は音量アップ+サイドボタン
  3. 左下に出てくるスクリーンショットのプレビューをタップ
  4. 編集画面の上部にスクリーンフルページと表示されているので、フルページをタップ
Safariのフルスクリーンをスクリーンショット撮る方法
  1. 画面左の完了を押すとPDFを”ファイル”に保存と、1枚のスクリーンショットを削除が表示されるので、PDFを”ファイル”に保存をタップ
  2. 保存先を聞かれるので保存場所を選び、画面右上の保存をタップ

以上の操作でページ全体のスクリーンショットを撮ることができます。

ページ全体のスクリーンショットで知っておきたいこと

ウェブサイト全体のスクリーンショットを撮ったときに知っておきたいことがあります。

アドレスバーなどは表示されなくなる

まず1つ目に知っておきたいことは、通常のウェブサイトのスクリーンショットでは表示される「アドレスバー」や「時刻」「ツールバー」がページ全体のスクリーンショットでは表示されません。

それによって困ることはあまりないと思いますが、一応知っておいて損はありません。

スポンサーリンク

保存形式はJPGではなくPDF

ページ全体のスクリーンショットはJPG形式ではなくPDF形式で保存されます。

PDFファイルで保存されることによって文章をテキストとしてコピーできるのは大きなメリットです。ただ「画像として使いたい」ときは、PDFをJPGなどに変換する必要があります。

PDF形式なので保存先は「ファイル」

最後3つ目はPDFでスクリーンショットは保存されるため、保存先は「写真」アプリではなく「ファイル」アプリに保存されます。

普段保存し慣れないところに保存されるので「あれ?どこに保存した?」と戸惑うかもしれません。保存するとき、どこに保存したか忘れないようにしましょう。

関連記事