【AirPods】空間オーディオを使う、オンオフする方法

スポンサーリンク

この記事ではAirPods Pro、AirPods Maxで「空間オーディオ」を使う・オンオフする方法を紹介します。

空間オーディオはもともと2020年秋にリリースされたiOS 14・iPadOS 14などのリリースのタイミングで発表されました。当初はAppleTVやDisney+などの空間オーディオ(ドルビーアトモス)に対応した映像でその効果を発揮しました。

そして2021年6月、Apple Musicでも対応し、Appleはこれまでにない新しい音楽体験を提供し始めました。

AirPodsで空間オーディオを使える機種は何?

空間オーディオの使い方を紹介する前に空間オーディオが使える端末が何か?について触れておきます。

空間オーディオに対応したAirPods

スポンサーリンク

  • AirPods Pro
  • AirPods max

AirPodsの初代と第2世代は空間オーディオに対応していません。

空間オーディオに対応したiPhone・iPad

空間オーディオに対応したiPhone・iPadは以下の機種で、なおかつ「iOS 14、またはiPadOS 14」か、それ以降がインストールされている必要があります。

  • iPhone 7以降のiPhone
  • iPad Pro 12.9インチ 第3世代以降
  • iPadd Pro 11インチ
  • iPad Air 第3世代以降
  • iPad 第6世代以降
  • iPad mini 第5世代以降

空間オーディオに対応したMac

Macは2021年6月時点では空間オーディオに未対応です。

ただし2021年秋にリリースが予定されているmacOS 12 Montereyで、M1チップ(Appleシリコン)を搭載したMacのみ空間オーディオに対応すると発表されています。

スポンサーリンク

AirPodsで空間オーディオを使えるようにする方法

対応している端末がわかったところで、空間オーディオの使い方を見ていきましょう。

空間オーディオを使えるようにする、オンオフするにはAirPodsからの操作ではなくiPhone・iPadから操作する必要があります。

空間オーディオをオンオフする方法

  1. AirPodsをiPhoneやiPadに接続する
  2. コントロールセンターを出す
  3. AirPodsのアイコンになった音量バーを長押しする
  4. 空間オーディオをオンにする

空間オーディオをオフにしたいときは上記の操作で、青の空間オーディオのアイコンをタップするとオフになります。

関連記事