新機能「集中モード」とはどんな機能?【iOS iPadOS 15 macOS Monterey】

スポンサーリンク

2021年秋にリリースが予定されているiOS 15・iPadOS 15、そしてmacOS Montereyには「集中モード」という新機能が搭載されます。

「集中モード」という機能はその名前のごとく「集中」するための機能なのですが、具体的にどんなことができるようになるのでしょうか。

この記事では新機能「集中モード」でどんなことができるようになるのか、その情報をまとめました。

この記事で記載される内容はAppleの公式ページや海外メディアのリーク情報を始めとしたリリース前のiOS 15・iPadOS 15、macOS Montereyの情報を元に書かれています。
そのため正式なリリース版と表記や内容が異なる場合があります。その点ご了承ください。記事は情報が入り次第、随時アップデートしていきます。

新機能「集中モード」とはどんな機能?

冒頭で「集中モード」は「集中するための機能」と紹介しました。もう少し具体的に「集中モード」がどんな機能か紹介していきます。

スポンサーリンク

日々仕事や勉強をしているとき、メールやメッセージ、またゲームなどの通知が来て集中の邪魔をされた経験ありませんか?もしくは「邪魔された」と意識せず、仕事中や勉強中に来る通知に反応していませんか?

「集中モード」は通知やホーム画面に表示されるアプリを制限することで、iPhoneやiPadに邪魔さず「集中する」環境を作り出す機能です。

では具体的にどんな制限をかけることができるのか?見ていきましょう。

「集中モード」でできること

集中モードでできることは主に3つです。

  1. 通知できるアプリを制限できる
  2. ホーム画面に表示できるアプリを制限できる
  3. メッセージアプリで自動返信できる

しかもこの3つの機能を上手に組み合わせて快適に使う3つの機能があります。

  1. 使用状況に合わせたモードを自作できる
  2. iPhone・iPad・Macが集中モードを提案してくれる
  3. すべての端末で集中モードのオン・オフが同期される

スポンサーリンク

もう少し掘り下げて説明していきましょう。

「通知」を制限できる

「集中モード」をオンにするとあらかじめ指定したアプリからのみ通知を受け取ることができます。

例えば仕事中、友だちと連絡を取るLINEは通知をオフにするけど、仕事で使うSlackはオンに。ゲームやSNSはすべてオフにするといった感じです。

また特定の人からのメッセージのみ通知を受けることもできるので、家族や恋人など特定の人からの連絡のみ通知させることも可能です。

集中モードごとにホーム画面を変えられる

「通知」を制限するのと同じように「ホーム画面」も集中モードに合わせてアプリやウィジェットの表示・非表示を変えることができます。

例えば仕事中の時は仕事で使うアプリだけ表示して、ゲームやニュース、SNSなどのアプリやウィジェットは非表示に。休日や仕事が終わったら仕事関連のアプリやウィジェットが非表示にすることができます。

そうすることで仕事とプライベートをはっきり分けてメリハリを付けることが出来ます。

ちなみにこの機能はiPhoneとiPadのみの機能でMacには対応していません。

スポンサーリンク

メッセージの送り先に自動返信

メッセージが送られてくると自動的に「〇〇は集中モードで通知がオフにしています。 〇〇 has notifications silenced with Focus」と表示されます。
この機能は対応したメッセージアプリのみ使うことができます。

使用状況に合わせて「集中モード」を作ることが出来る

「集中モード」は使用状況に合わせて「モード」を複数作ることが出来ます。

「勉強中」「仕事中」「運転中」「睡眠中」などを作って、それぞれのモードで通知出来るアプリやホーム画面を切り替えることが出来ます。

場所や時間帯をもとに集中モードを提案

これまでの集中モードを使った状況を学習し、特定の場所、例えば職場に着いたら「職場の集中モードにしますか?」といった提案を行います。

他にも特定の時間、21時から23時は普段勉強モードにしている場合、21時になると「勉強の集中モードにしますか?」と聞いてくるといった具合です。

iPhoneなどを使っているシーンや時間帯に合わせて通知やホーム画面に表示されるアプリを制限することができる機能です。

例えば仕事や勉強、運転に集中したり、その反対に夕食や家族の時間を楽しむために、iPhoneやiPadなどと距離を置きたいときに使うことができます。

すべての端末で同期される

集中モードの設定はすべてのApple端末で同期されます。
そのためiPhoneで「仕事モード」に設定するとiPadやMacも「仕事モード」になります。

スポンサーリンク

「集中モード」の設定方法(iOS・iPadOS)

集中モードを設定する方法は以下の通りです。

すでにある集中モードを選ぶ場合

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールして集中モードをタップ
  3. 画面上部に並んでいる集中モードを選んでタップ

新しい集中モードを作りたい場合

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールして集中モードをタップ
  3. 画面右上のをタップ
  4. 何に集中したいか選ぶ。自分で作るときはCustom(日本語表記はカスタム?)をタップ
  5. 集中モードの名前やアイコンを決める
  6. 通知を許可する連絡先を選ぶ
  7. 通知を許可するアプリを選ぶ
  8. Time Sensitiveな通知を許可するか選ぶ(補足あり)

以上で設定が完了です。
「Time Sensitiveな通知」が日本語でどうなるのかわかりませんが、この機能をオンにすると配送が届いたときなど「そのとき見ておきたい通知」のみ許可する機能です。

集中モードをオンにする方法

スポンサーリンク

集中モードはコントロールセンターからオン・オフすることができます。

コントロールセンターを開くとこれまで「画面ミラーリング」があった場所に「集中モード」が表示されます。集中モードが複数あるときは、コントロールセンターの「集中モード」アイコンを長押しすると、どのモードをオンにするか選ぶことが出来ます。

情報元

関連記事