macOS Mojave 10.14.1のアップデートが見つけられないときの対処方法

この記事では2018年10月30日にリリースされたmacOSの最新版macOS 10.14.1のアップデートを行おうとしたら、アップデートが見つけられないときの対処方法を紹介します。

macOS Mojave 10.14.1の変更点

スポンサーリンク

macOS Mojave 10.14.1では、

  • FaceTimeのグループ通話に対応(32人まで)
  • 新しい絵文字が70種類以上追加
  • バグの修正やセキュリティーのアップデート
  • パフォーマンスの改善

などが行われました。

そこで「いざ、アップデートをしてみよう」と思い、App Storeを開いてみるもいつものアップデートにはアプリのアップデートが出てくるだけ。macOS Mojaveのアップデートはどこにもありません。

ソフトウェア・アップデートは別のところに

スポンサーリンク

macOS High Sieera 10.13.6まで、macOSのアップデートはApp Storeのアップデートに他のアプリと並列で表示されていました。

ところがmacOS Mojave 10.14から場所が変わりました。

やり方は以下の通りです。

  • Macの画面の左上のAppleマークをタップ
  • システム環境設定をタップ
  • ソフトウェア・アップデートをタップ
  • 今すぐアップデートをタップ

以上でmacOS Mojaveをアップデートすることができます。アップデートのファイルはmacOS Mohave 10.14からで3GB以上あったので、ダウンロードとソフトウェアアップデートの時間を考えて、余裕を持って行いましょう。

関連記事