iPhone・iPadの使い方

iPhoneやiPad、Apple Watchを使って気圧を測る方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhoneやApple Watchを使って、リアルタイムの気圧を知る方法を紹介します。

台風が近づいてくるときに面白半分で使うのはもちろん、「気圧変化」によって体調が崩れてしまう人にとって、iPhoneやApple Watchで気軽にリアルタイムの気圧がわかるのは非常に便利です。

iPhone、Apple Watchには気圧計が搭載されている

意外と知られていませんが、iPhoneやiPad、Apple Watchには気圧計が搭載されています。

気圧計が搭載されたのは、iPhoneは2014年発売のiPhone 6 / iPhone 6 Plusから。iPadも2014年発売のiPad Air 2から。そしてApple Watchは2017年発売のApple Watch Series 3からです。

ところが普段、天気アプリなどを見ていても「気圧」が書かれていることはありません。

スポンサーリンク

唯一、Siriに気圧を聞くと教えてくれるのですが、実はこのSiriが教えてくれる気圧は正確性に欠けるものなんです。

Siriが気圧を教えてくれるが正確ではない

Siriに気圧を聞くと、「現在の気圧は」と教えてくれます。

ところがこのSiriが教えてくれる気圧は、iPhoneやiPad、Apple Watchで計測したものではありません。

The Weather Channelから提供されたデータを使っています。

そのためユーザーが立っているその場所の気圧を教えてくれるのではなく、The Weather Cannelが割り出したそのエリアの気圧を表示しています。

iPhoneやiPad、Apple Watchが計測した気圧のデータを見るにはどうすればいいのか?というと、アプリをダウンロードすればいいんです。

気圧を測るアプリを試してみる

気圧を測れるアプリはApp Storeで探すといろいろ出てきます。ここでは3つのアプリを紹介します。

スポンサーリンク

それぞれ無料のアプリですバロメーター Plusのみ日本語の名前となっていますが、日本語訳は「機械翻訳全開」の日本語なので、逆にわかりにくいかもしれません。

もしApple Watchで使いたい場合は最初に紹介しているBarometer & Altimeter Proのみ対応しています。

以下がそれぞれのスクリーンショットです。

真ん中のBarometer & Alitimeterは一切の飾り気なく、パッと見た感じがわかりやすいです。左のBarometer & Altimeter Proは見た目シンプルでおしゃれです。

表示される気圧はほぼ同じものでした。
ちなみに上でSiriに気圧を聞いたときと、3つのアプリで気圧を測ったのは同じタイミングです。

こう見てもSiriに聞いて出てくる気圧には正確性がないことがわかります。

お勧めの気圧を測るアプリは

お勧めの気圧を測るアプリは「Barometer & Altimeter Pro」です。英語のアプリですが、数字を見るだけなのであまり日本語・英語が気にならないのと、iPhone・iPad・Apple Watchでも見れるがApple Watchユーザーとしては魅力的です。

スポンサーリンク

もしApple Watchを使っていないなら、Barometer and Altimeterはシンプルで良いのかもしれません。

スポンサーリンク

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。