iPhone・iPadをiTunesなしで初期化(リセット)する方法

この記事ではiTunesを使わず(PCやMacを使わず)に、iPhone・iPadを初期化する方法を紹介します。

手元にパソコンがないときや、パソコンを使ってリセットするのが面倒くさいときはiPhoneやiPad単体で初期化(リセット)ができるので非常に手軽に行えます。

こんなときに初期化(工場出荷時に戻す)をしよう

スポンサーリンク

まずはどんなときにiPhoneやiPadをリセットして、工場から出荷されたときと同じ状態にするのか触れておきます。

工場出荷時に戻すのは

  • その端末を手放すとき
  • その端末の調子が悪いとき

特にiPhone・iPadを手放すときは、アプリや設定を手作業で消したりすると個人情報を抜かれてしまったり、受け取った人がiPhone・iPadを自分のApple IDで設定できないことがあります。

必ずリセットを行い、真っさらな状態で手放すようにしましょう。

また、iOSのアップデートに失敗したり何かしら不具合が発生して、iPhone・iPadが不安定になったり、遅くなってしまったときも「リセット」は効果的です。

パソコンを使わずiPhone・iPadをリセット(初期化)する方法

スポンサーリンク

パソコンを使わず、iPhoneやiPadをリセットする(工場出荷時の状態にする)のは意外と簡単です。

iPhone・iPadだけで初期化する(工場出荷時の状態に戻す)方法

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. 下にスクロールし、リセットをタップ

  1. すべてのコンテンツと設定を消去をタップ
  2. 確認画面でアップロードを完了してから消去をタップ

もしiCloudにデータをバックアップする必要がない場合は今すぐ消去を選らんでも大丈夫です。

このあとは画面の指示に従っていくとリセットされ、iPhone・iPadは購入したときと同じ真っさらな状態に戻ります。

 

関連記事