ユニバーサルクリップボードの使い方とメリット

iPhoneやiPad、そしてMacに搭載されている機能「ユニバーサルクリップボード」を使ったことありますか?

あまり前面に押し出している機能ではないので、知らない人も多いかもしれません。ユニバーサルクリップボードというのは、iPhoneやiPad、Macの端末間でコピー&ペーストを行える機能です。

つまりiPhoneでコピーした文章をMacにペースト、またはその反対ができるということです。

この記事ではユニバーサルクリップボードを使うとどういうメリットがあるのか、またどうやって設定をすれば良いのか紹介していきます。

ユニバーサルクリップボードを使うメリット

スポンサーリンク

「iPhoneやiPad、Mac間でコピペ出来るメリットなんてあるの?」と思う方もいると思います。

でも、一回ユニバーサルクリップボードを使うことに慣れてしまうと、ユニバーサルクリップボードなしの生活には戻れないものすごい便利さを秘めています。

Macで書いてiPhone・iPadで活用

ちょっと長めの文章を書きたいとき、iPhoneよりもMacで書くほうが断然楽ですよね。

フリック入力に慣れている方なら、iPhoneでもそれなりに早く打てます。でも、画面が狭いiPhoneで作業をするよりもMacで書くほうが見やすいのも事実です。

クリップボードを使わない場合、Macで文章を書いて自分にメールやメッセージを送ってiPhoneで開いたり、ノートアプリやEvernote経由でテキストを受け渡す必要があります。

ところがユニバーサルクリップボードを使えば、Macで文章を書いてコピーすれば、そのままiPhoneでペーストできます。

特別なアプリを使う必要はありません。しかも同期を待ったりする必要もなく瞬時にiPhoneにデータが移ります。

iPhoneの写真をMacにペースト

iPhoneで撮った写真をMacにコピペできるのも非常に便利です。

僕はMacでブログを書きながら、iPhoneでスクリーンショットを撮ってプレビューの段階でコピー。MacのPhotoshopやIllustratorにペーストして、矢印とか少しテキストを入れてブログにアップロードしています。

iPhoneでとったスクリーンショットは写真アプリに保存せず、削除するので写真アプリの中がスクリーンショットだらけになることもありません。

すごくシームレスな感じがして、操作していて気持ちがいいです。

AirdropやDropboxなどを使ってMac側にスクリーンショットを送ることもできるのですが、送られてきたファイルをあとで消す手間がかかるので好みません。

ユニバーサルクリップボードを使えるようにするには

スポンサーリンク

ユニバーサルクリップボードを使うためにはiOSは10以降、macOSの場合はSierra以降が入った端末であれば、事前に少し設定するだけで特別な操作をする必要がありません。

事前の設定といっても多くの人が特に意識しなくても、すでに設定されているはずです。

もしされていない場合は、いくつかの項目をONにするだけでユニバーサルクリップボードを使えるようになります。

各端末で同じApple IDを設定する

ユニバーサルクリップボードを使うときは、使用する端末がすべて同じApple IDでログインされてる必要があります。

iPhoneやiPadでApple IDを確認するには

  1. 設定を開く
  2. ページ上部の自分のアイコンや名前をタップ
  3. ページ上部にあるメールアドレスがあなたのApple IDです

MacでApple IDを確認するには

  1. 画面左上のリンゴマークをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. iCloud、またはApple IDをクリック
  4. 開いたウィンドウの左にあるあなたのアイコンのすぐ下にあるメールアドレスがApple IDです。

このiPhoneやiPad、Macに表示されたメールアドレスが同じであることを確認します。

もしそれぞれの端末のApple IDが違う場合は、同じApple IDにしてあげましょう。

Handoffをオンにする

Handoffはユニバーサルクリップボードを始めとしたiPhoneやiPad、Macなどのアプリを連携させる機能です。

この機能をオンにしなければユニバーサルクリップボードを使うことはできません。

iPhoneとiPadの設定

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. Handoffをタップ
  4. Handoffオンにする

Macの設定

  1. 画面左上のリンゴマークをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. 一般をクリック
  4. 画面下のほうにあるこのMacとiCloudデバイス間でHandoffを許可にチェックを入れる

Bluetoothをオンにする

ユニバーサルクリップボードのデータの受け渡しはBluetoothで行うため、各端末のBluetoothをオンにしておきましょう。

iPhone/iPadの設定

iPhone/iPadでBluetoothをオンにするは「コントロールセンターでBluetoothをオンにする」のが一番簡単です。

それ以外にも

  1. 設定を開く
  2. Bluetoothをタップ
  3. Bluetoothオンにする

Macの設定

MacでBluetoothをオンにするには、画面右上のメニューバーからBluetoothをオンにするか、もしくは

  1. 画面左上のリンゴマークをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. Bluetoothをクリック
  4. Bluetoothをオンにするをクリック

このとき、すでにBluetoothがオンになっている場合はBluetoothをオフにすると表示されますので、そのままでOKです。

Wi-Fiをオンにする

MacとiPhone、iPadのWi-Fiをオンにする方法は敢えて説明することではないかもしれませんね。

これらを設定して繋がらないときは

上で紹介した設定をすべて行って繋がらないときは下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事