iTunesがない!?macOS CatalinaでiPhone・iPadをバックアップ・復元する方法

2019年9月頃にリリースされることが予想されているmacOS 10.15 Catalina。

このmacOS Catalinaでは、今までMacの定番アプリだったiTunesが廃止されることが発表されています。iTunesといえばiPhoneやiPadのバックアップや復元を行うために必須のアプリです。

iTunesがなくなるmacOS CatalinaではどのようにしてiPhoneやiPadをバックアップしたり復元したりするのでしょうか。

iTunesがない!macOS 10.15 CatalinaでiPhone・iPadのバックアップ・復元を取る方法

スポンサーリンク

今でこそiCloudのオンラインストレージにiPhone・iPadのバックアップを取ることができますが、以前は必ずiTunes経由でMacにバックアップを取る必要がありました。

また今でもiCloudにバックアップを取れますが、転送速度の問題を考えるとiCloudにバックアップを取るよりもiTunesにバックアップを取った方が復元するときに早く元に戻すことができます。

ところが2019年9月にリリースが予定されているmacOS CatalinaからiTunesが廃止されることが決まっています。

ではどうやってiPhoneやiPadのバックアップを取るのでしょう。

iPhone・iPadのバックアップや復元はFinderで行う

スポンサーリンク

情報元のMacwoldによると、iPhoneやiPadのバックアップや復元はFinderを通して行うそうです。

やり方は以下の通りとなります。

  1. LightningケーブルやUSB-CケーブルでiPhoneやiPadをMacに繋ぐ
  2. Finderでウィンドウを開く。Command+N
  3. ウィンドウ左のサイドバーの場所にiPhoneやiPadが表示されるのでクリック
  4. iTunesのときとほぼ同じ画面が表示される

つまりiTunesという名前のアプリはなくなり、iPhoneやiPadのバックアップや復元、その他の設定を行う機能はFinderに統合されたということですね。

もしウィンドウの左側にサイドバーが表示されていない場合は、以下の操作を行うとサイドバーが表示されます。

  1. Finderの画面にする
  2. 画面上のメニューから表示をクリック
  3. サイドバーを表示をクリック

 

関連記事