iPhone 11の超広角とOsmo Actionどちらが広角に撮れる?(写真編)

iPhone 11とiPhone 11 Proには従来の広角カメラよりもさらに画角が広い(広く撮れる)カメラが搭載されました。

この超広角カメラ。アクションカムのOsmo Actionと比べて、どちらが広く(広角で)撮れるのか、同じアングルから撮影して試してみました。

iPhone 11の超広角とOsmo Action。どっちが広角?

スポンサーリンク

iPhone 11とiPhone 11 Proには35mm判換算で13mm相当の超広角レンズが搭載されています。

では、画角が広いアクションカムのOsmo Actionはどのくらい広く撮れるのでしょうか。

iPhone 11の超広角で撮影

iPhone 11 Pro超広角 サンプル

こちらがiPhone 11 Proの超広角で撮影したものです。

iPhone 11 Pro広角 サンプル

通常の広角レンズ(26mm)で撮影したものと比べると、画角がかなり広くなっていることがわかります。

Osmo Actionで撮影

では、続いてOsmo Actionで撮影したものです。

Osmo Actionの写真サンプル

画角うんぬんの前にiPhone 11 Proのカメラってすごいキレイですね。質感がまったく違います。

ちなみにOsmo Actionは「歪み補正」をオンにしています。

歪み補正をオフにする画角は広くなりますが、iPhoneの超広角は歪み補正が入っているのか、歪みが少ないため同じ状態で撮影・比較できるのはOsmo Actionの歪み補正有りとなります。

2つの画角がどのくらい違うのか比較

スポンサーリンク

iPhone 11とOsmo Actionでどのくらい画角が違うのか、ひと目でわかるような画像を用意しました。

iPhone 11の超広角とOsmo Actionの画角比較

写真の縦横比が違うため上下が明らかにiPhoneのほうが広く、左右は若干広くなっている程度でしょうか。

アニメーションGIFも作ってみました。

iPhone 11の超広角とOsmo Actionの画角比較 GIFアニメ版

画角はもちろん写真の質に驚きました

この実験をやってみて何よりも驚いたのは画角ではなく、写真のクオリティーでした。

今までOsmo Actionは超広角で手軽に写真を撮れたので重宝していたのですが、Osmo Actionを使うことがなくなってしまいそうです。

アクションカムとして使わず、日常生活を切り取るなら「iPhone 11の超広角+ジンバル」が最強になりそうです。そういう意味でiPhone 11がGoProとかOsmo Actionのニーズをかなり奪うのではないでしょうか。

僕は真剣にOsmo Actionを手放してジンバルを買うことを検討しています。

動画編も公開予定です。

今度、iPhone 11 ProとOsmo Actionの手ぶれ補正比較動画・画角の違い比較も撮影してみようと思いますので、興味がある方はチェックしてみてください。

 

関連記事