【2週間レビュー】iPhone 13 Pro用のクリアケース ESR ハイブリッドケース

スポンサーリンク

この記事ではiPhone 13 Pro用のクリアケース「ESR ハイブリッドケース HaloLock付き」の2週間レビューを紹介します。

ESRといえばiPhoneやiPadのケースのメーカーとして数多くの人気商品を出していますが、僕はこれまでほとんどESRの商品を使ったことがありませんでした。

今回、ESRさんから商品の提供のオファーをいただいたので「これは良い機会」と試させていただくことにしました。

提供いただいた商品ではありますが、良いことも悪いことも率直に書いていきますので購入の際の参考にしていただけたら幸いです。

先にまとめ:こんな人にぜひお勧め

まず初めに今回紹介するESR ハイブリッドケース HaloLock付きがどんな人にお勧めなのか紹介します。

レビューを細かく読む時間がない方はここだけでも見ていってください。

スポンサーリンク

  • 透明ケースが好き
  • 耐衝撃性が欲しい
  • カメラ部分も保護して欲しい
  • ストラップホールが欲しい
  • MagSafeに対応していて欲しい

ちなみに「こんな人はあまりグッと来ないかも」ということを挙げると

  • 薄い・スリムなケースが好き
  • 透明ケースにMagSafeの〇が書いてあるケースは嫌い

こんなところでしょうか。

では、もう少し具体的なレビューをしていきます。

まずは開封の儀を簡単に

ESR ハイブリッドケースはiPhone 13シリーズの発売と同時に発売された商品なので、開封の儀は略式とさせてください。

箱から出すとなぜか緑色っぽいケースが。あれ。。?と思ったら中に緑色の紙が入っていました。ケースは箱の中で薄いビニール袋に包まれてしっかり保護されています。

ビニール袋から出すとケースが登場!透明感がすごいです。

スポンサーリンク

ケース内側のリングにはMagSafeを強力にするHaloLockとESRのロゴが。外側にガッチリ書くのではなく裏側にさりげなくあるのは好印象です。

ではさっそく使ってみた感想をアレコレ書いていきます。

透明感が高くiPhoneの色を楽しめる

ESR ハイブリッドケースは背面がガラス素材のため、透明度が非常に高いです。

僕はシルバーを使っていますが、シエラブルーやゴールドを使っている人は本体本来の色を楽しむことができます。

側面はドット加工が施されているので背面ほどクリアな透明ではありません。よく見ると小さな点々があります。

ただこのドット加工があることで、ケースの側面とiPhoneの側面がベタッと付かないため、まだらに浮き出る模様が出ません。

Magsafe対応&磁力UPでしっかり付く

スポンサーリンク

iPhoneケースの中にはMagSafeに対応していないと、MagSafeで充電しようとしたとき、しっかりくっ付かなかったり、MagSafeに対応したアクセサリが使用中に外れてしまうことがあります。

ところがESR ハイブリッドケースはMagSafeに対応しているだけではなく、HaloLockというMagSafeをさらに強力にするリングが付いています。

このリング侮ってはいけません。本当にガッチリ付きます。

Apple純正のMagSafe充電器はもちろんMagSafe対応の機器がMagSafeよりイメージ的には1.5倍剥がれにくいです。

耐衝撃性が高い

ESR ハイブリッドケースは「軍事レベル 落下保護」がセールスポイントになっているだけあって、ケースの作りはかなりしっかりしています。

ケースの角が衝撃を吸収する・分散させる構造になっているのはもちろん、カメラの周りにはカメラガード、さらにディスプレイ側もケースのフチがほんの少しだけ高くなっています。

さらに感心したことがあります。画像でどれだけ伝わるかわかりませんが、ディスプレイ側の四隅はさらにフチが高くなっているんです。

これわかりますかね?写真だとわかりにくいんですけど、手で触ったときも左右のフチより明らかに高くなっています。

スポンサーリンク

とはいえ、「iPhoneを落として画面が割れるか割れないか」は運要素も強いので「100%大丈夫」とは言い切れませんが、これだけ保護されているとかなり安心です。

グリップ感があって滑りにくい

側面の素材がPLU素材なので、グリップ感がしっかりあって握りやすいです。

ESR ハイブリッドケースを使う前はApple純正のレザーケースを使っていたのですが、少しスベスベしていて片手操作の時落としそうになることがありました。

ところがこのケースにしてからは手が滑ったことがありません。

使っていて気になること

ESR ハイブリッドケースの商品ページには「黄ばみにくい」とありますが、2週間しか使っていないためこの点についてはわかりませんでした。

「黄ばみ」「黄変」については後日またレポートしたいと思います。以前使っていた透明ケースは3ヶ月過ぎた当たりから色味が変わってきたので、その頃に様子を見る予定です。

またAmazonのレビューを見ていると「割れた」という声がいくつかありました。背面が硬度は高いと言えガラスなので割れる可能性はゼロではありません。

スポンサーリンク

こればっかりは落としてディスプレイが割れる・割れないと同じ運なので、善し悪しを図りにくいのが正直なところです。

耐衝撃性が高いクリアケースなら買って損なし

今回僕はiPhone 13 Proのシルバーを購入したため、iPhoneの色が見えても白で「iPhoneの色味を楽しむ」ことはあまりできませんでした。

こういうとき「シエラブルーを買えば良かった」と思います。

ESR ハイブリッドケースのすごいところはiPhone 13が発売後すぐに発売されたにも関わらず、ピッタリに作られていて、なおかつそのクオリティーが高いことです。

iPhone 13シリーズはもう発売から何ヶ月も経ちますが、次にiPhoneを買うときはiPhoneの発売と同時にESR ハイブリッドケースの後継機対応版を買って、「新機種の新色」を楽しみたいと思います。