【考察 】iPad Pro用のMagic Keyboardは買い?懸念すること・思うこと

iPad Pro用のMagic Keyboardが5月に発売になります。
フルサイズのバックライトキーボード・トラックパック付き、さらにUSB-Cポートがひとつつくという全部盛りのようなキーボードです。

でも、このキーボード買いなのでしょうか。というのも値段が税込みで34,980円(11インチ用)もするからです。

そこでこの記事ではiPad Pro用のMagic Keyboardが買いなのか検証してみました。

iPad Pro用のMagic Keyboardのスペックを確認

スポンサーリンク

iPad Pro用Magic Keyboard

まず初めにiPad Pro用のMagic Keyboardのスペック(仕様)を確認しておきましょう。

  • シザー構造のフルサイズキーボード。バックライト付き
  • トラックパッドが付いている
  • 斬新なデザインで、iPadを見やすい角度に変えられる
  • ヒンジの部分にUSB-C端子がひとつ付く
  • 折り畳むとケースとして使え、iPadの前面と背面を守る
  • 値段:11インチ用 34,980円(税込み)、12.9インチ用 41,580円(税込み)

ちなみにこのMagic Keyboardは2018年に発売されたiPad Proでも使うことが出来ます。

iPad Pro用Magic Keyboardで懸念していること・思うこと

スポンサーリンク

iPad Pro用のMagic Keyboard、値段が高いのはもちろんなのですが懸念していることがあります。

それは「重さ」と「汎用性」です。まずはその辺から書いていきます。

Magic Keyboardの重さは500グラム前後?

Magic Keyboard for iPad Proの重さは4月6日現在発表されていません。
そもそもなのですがAppleの公式ページにはiPad用の純正カバー「Smart Folio」もキーボード付きカバーの「Smart Keyboard Folio」も重さの掲載がありません。

いろいろ考えたのですが、どう考えてもMagic Keyboardが重くなるのは間違いありません。

Apple純正のキーボード付きカバー「Smart Keyboard Folio 11インチ」は重さが約300グラム。ちなみに12.9インチは約410グラムです。

Magic Keyboardはそこにトラックパッドが付き、キーボードもバックライトが付き、さらにMagic KeyboardはiPadを立てた時の角度を変えるためのヒンジやUSB-Cコネクタも付きます。

それを考えると重さは500グラムくらいにはなるのではないでしょうか。
iPad Pro 11インチの重さがだいたい470グラムです。AppleはiPad ProとMagic Keyboardを足して1キロを切るのを目指してくるのでは?と勝手に踏んでいます。

追記:重さはやはり500グラム前後の可能性大

この記事を書いた後、いろいろ情報を漁っていたところやはりiPad Pro用のMagic Keyboardは500グラム前後ではないか?という考えは有力っぽいことがわかりました。

「1キロ」という重さの意味

1キロを切るという重さは、iPadの手軽に持ち運べるメリットを殺している気がします。

僕は2018年のiPad Pro11インチでカバーだけのSmart FolioとキーボードがついたSmart Keyboard Folioをその時の状況に合わせて使い分けています。

それぞれの重さをiPad Pro 11インチ込みで書き出すと以下のようになります。カッコ内はSmart FolioやSmart Keyboard Folio単体の重さです。

  • iPad Pro 11インチ単品 … 482グラム
  • Smart Folio + iPad Pro … 662グラム(174グラム)
  • Smart Keyboard Folio+ iPad Pro … 781グラム(299グラム)

正直Smart Keyboard Folioを付けるとかなり重たく感じます。Smart Folioを付けたり裸で使っている時の軽さに驚きます。

それが1キロになるなら、同じキーボードとトラックパッドが付いたMacbook Airを持ち歩いてもいいのでは?とすら思えてしまいます。ちなみにMacbook Air 2020年版の重さは1.3キロです。

Macに拘らないのであればもっと軽いWindowsのノートパソコンもあります。

Magic Keyboardは汎用性がない

もうひとつ懸念していることは「汎用性」です。

Magic Keyboardはけっこう高いです。11インチのモデルでも税込みで35000円ほどします。

そのくせiPad Pro専用なので何年か経ってiPad Proがモデルチェンジして、デザインが変わると使えなくなってしまいます。

それなら汎用性があるBluetoothのキーボードとApple純正のトラックパッド「Magic Trackpad」を買った方がiPad Proの形が変わってもそのまま使えるので、買い替え時のハードルが低くなるのでは?と思うわけです。

とはいえ同じキーボード、同じトラックパッドを4年も5年も使えるか?というとその前に壊れてしまう可能性も十分にあります。

トラックパッド小さくない?

僕がMacbook Proを使っているせいかもしれませんが、Magic Keyboardのトラックパッドはすごく小さいように思えました。

モバイル環境で使うならそれでもいいのかもしれませんが、狭すぎるかもしれません。

キーボードをiPadの背面に持ってこれる?

Smart Keyboard Folioは賛否両論ありますが、キーボードをiPadの背面に持ってくることができます。

ではMagic Keyboardもできるのでしょうか。気になったのはヒンジがあることです。

このヒンジがぐるっと回ってキーボードとトラックパッドをiPad Proの背面に持ってくるのかが疑問です。持ってこれるんでしょうけどね。でも、今の段階でAppleは発表していないのでわかりません。

また機械系をよく使っている方はご存知だと思うのですが、「ヒンジ部分は壊れやすい」です。しかもこのキーボードの場合、iPadの背面までキーボードを持ってこれるとしたら回転域は360度。なんだか壊れやすそうな気もしませんか?

一体型というメリットは大きい

では、Magic Keyboardを買わずにiPad Pro+Smart Keyboard Folio+Magic Trackpad、またはiPad Pro+Smart Folio+Bluetoothキーボード+Magic Trackpadの方がいいか?というと微妙だったりします。

というのもiPad Pro用のMagic KeyboardはiPad Proと一体型になります。

この一体型には2つのメリットがあります

  1. 外出時や家の中で膝の上にiPadを置いて作業ができる
  2. 荷物がバラバラしない

この2つのメリットはかなり魅力的です。

特に僕は車で移動して、出先の車内の中で仕事をすることがあるのですが、その時iPadとBluetoothキーボードではかなり作業をやりにくかったです。

そんな時Smart Keyboard Folioを買って「これは便利だ!」と感激しました。なのでトラックパッドもさらに使えるMagic Keyboardが魅力的に見えてしまいます。

まとめ:iPad Pro用のMagic Keyboardは買い?

あれこれと書いてきましたが、一度まとめます。

Magic Keyboardのいいところは

  • 一体型で持ち運びしやすく、外出時に使いやすい
  • 見た目がかっこいい

そしてMagic Keyboardのイマイチなところは

  • 重そう→外出時に持っていくのが億劫になりそう
  • トラックパッドが小さいかもしれない
  • 汎用性が低い(買い替え時にMagic Keyboardが使えなくなるかも)

といったところでしょうか。それを踏まえて税込み35,000円を払えるか、それだけの価値を見出せるか?ということになりそうです。

発売は5月。4月7日の段階では具体的な発売日も明らかになっていません。

お金に余裕があって35000円ポンと払える人は事前に予約すればいいと思うんですけど、僕みたいな庶民はまずは実機を見て、文字を入力してみたり、トラックパッドで操作してみたり、持ち上げて重さを確かめたりして判断するのが良さそうです。

関連記事