【iPhone・iPad】ダークモードをオン・オフする2つの方法

iPhone・iPadはiOS 13・iPadOS 13からダークモードが搭載されました。

この記事ではiPhoneとiPadでダークモードをオン・オフする2つの方法を紹介します。

そもそもダークモードって何?

スポンサーリンク

ダークモードというのは、通常スマホやタブレット、パソコンは背景が白で、文字は黒を使います。ところがダークモードは背景が黒、文字が白になります。

ダークモードにすることで画面のまぶしさが減り、目への負担が減るのと同時に、有機ELディスプレイは黒の場合、まったく発光しないため消費電力を抑え、結果的にバッテリーの消耗が通常モードよりも少なくなります。

ダークモードをオン・オフする2つの方法

スポンサーリンク

ダークモードをオン・オフする方法は主に2つあります。

設定からダークモードをオン・オフする方法

まず1つ目は設定から行う方法です。

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールして画面表示と明るさをタップ
  3. 一番上の外観モードライト(通常モード)とダークを選ぶ

またこのライトモード(通常モード)とダークモードの切り替えには手動以外にも自動で変更する事も可能です。

自動は日の入りから日の出までカスタムスケジュールとして時間を指定して2つのモードを切り替えることも可能です。

コントロールセンターからダークモードをオン・オフする方法

2つ目のダークモードに設定する方法はコントロールセンターから行います。

コントロールセンターから変更する方法は2つあります。1つは画面の明るさを変える方法と、もう1つはコントロールセンターにダークモードのオン・オフを切り替えるボタンを追加し、そのボタンで切り替える方法です。

その1:画面の明るさからダークモードをオンにする

コントロールセンターからダークモードをONにする方法

  1. コントロールセンターを開く
  2. 画面の明るさのバーを長押し
  3. ダークモードNight Shift、そしてTrue Toneが表示されるのでのでダークモードをタップ

コントロールセンターで行うダークモードのオン・オフは手動のみです。

コントロールセンターにダークモードON・OFFのボタンを配置

コントロールセンターからダークモードのオン・オフを切り替えるもう1つの方法はカメラや計算機、タイマーなどのボタンのようにダークモードを切り替えるボタンを付け加えて行います。

やり方は

  1. 設定を開く
  2. コントロールセンターをタップ
  3. コントロールをカスタマイズをタップ

  1. 下にスクロールし、ダークモードの左にあるをタップ
  2. 画面上にスクロールしてダークモードが追加されていたら完了

以上でコントロールセンターにダークモードと通常モードを切り替えるボタンが付け加えられました。あとはコントロールセンターでボタンを押すだけで通常モードとダークモードは切り替わります。

関連記事