【解決済】macOS Big Surのアップデートができない!の問題が発生中

11月13日、macOSの最新版「macOS Big Sur 11.0.1」がリリースされました。

そこで早速アップデートを始めたのですが、アップデートファイルをダウンロード中に何度もエラーが発生。最終的にはエラーメッセージが出てアップデートファイルのダウンロードすらできなくなりました。

そこでこの記事ではmacOS Big Surのアップデートができない問題を紹介しつつ、その後状況が回復してアップデートできるようになるまでを記事にまとめていきます。

11月13日09時20分現在:この問題は無事に解決できました

macOS Big Surにアップデートできない問題が発生中

スポンサーリンク

macOS Big Surがリリースされたので、早速いつもの手順でアップデートを始めました。

  1. システム環境設定を開く
  2. ソフトウェア・アップデートをクリック
  3. macOS Big Surのアップデートがあるのを確認して今すぐアップデートをクリック

本来であれば、この手順で問題なくアップデートをすることができます。

ソフトウェア・アップデートを開いてもmacOS Big Surのアップデートが来ていない場合は、cmd+Rを押すと読み込み直して表示されるはずです。

ダウンロードが全然進まない

まず初めに起こったのはダウンロードが全然進まない問題でした。

ダウンロードを始めて2時間。途中でダウンロードを失敗しつつ12GBのうち4.5GBしかダウンロードが進みません。

その後もさらにダウンロードは途中で失敗。合計で2-3回ダウンロードが途中で中断され、最初からやり直しました。

「選択したアップデートのインストール中にエラーが起きました」で何もできなくなる

そんな「ダウンロード失敗」を数回繰り返して、最終的に「選択したアップデートのインストール中にエラーが起きました」というメッセージが表示され、アップデートのダウンロードすらできなくなってしまいました。

macOSのアップデートサーバーが落ちる

どうしようか途方に暮れていたところ、macOSのアップデートサーバーが落ちていることがわかりました。

Appleのサーバーは復旧するもアップデートはできず

AppleのmacOSのアップデートに関するサーバーは7時50分頃に復旧しました。

ところがmacOS Big Surにアップデートできるか?というとできません。相変わらず同じメッセージが出続けます。

無事にアップデートできました

スポンサーリンク

macOSのアップデートサーバーが復旧したにも関わらず、1時間弱アップデートのファイルをダウンロードできなかったので、別の方法でダウンロードを試してみました。

ちなみにその間にMacBook Proを2回ほど再起動してみましたが、なんの解決にもなりませんでした。

そこで別の方法として「セーフモードで起動してアップデートを行う」という方法をとってみました。結果は大成功です。何の問題もなくアップデートすることができました。

ちなみにツイートにも書きましたがMacをセーブモードで起動する方法は以下の通りです。

  1. Macを終了させる
  2. 電源が切れて10秒ほど待つ
  3. Shiftキーを押しながら電源ボタンを押す
  4. 起動してログイン画面が出るまでボタンを押し続ける
  5. ログイン画面が出たら手を離す

この後はいつも通りシステム環境設定からソフトウェア・アップデートを行います。

無事解決してホッとしました

ということで、アップデートを試みてから約6時間半の格闘の末、やっとmacOS Big Surをインストールすることができました。

実は厳密にはまだmacOS Big Surはアップデートの途中で、この記事はiPad Proを使って書いています。

インストールはAppleのサーバーの問題もあって手こずりましたが、macOS Big Sur自体に大きなバグがないことを祈るばかりです。

関連記事