【検証】日本のクレジットカードが登録されたApple Payは海外でも使えるのか

スポンサーリンク

この記事では日本のクレジットカードを登録したApple Payを海外でも使えるのか、実際に使ってみたので、その検証記事を紹介します。

Apple Pay(アップルペイ)が最初に提供されたされたのが2014年10月、まずはAppleがあるアメリカからでした。それから2年後の2016年10月に日本でもApple Payを使えるようになりました。

新型コロナウイルスの流行をきっかけに世界でタッチレスの決済が増えていますが、海外旅行に行った時に日本のクレジットカードが登録されたApple Payは使えるのでしょうか。

海外でも日本のApple Payは使えるか

今回試した国は南半球ニュージーランド。日本のクレジットカードはLife Cardを使いました。

それと念の為「海外旅行」に行って現地でSIMカードを入手しなかった、つまり現地でiPhoneはWi-Fiだけになったこと想定して通信環境をオフにしてApple Payを使います。

スポンサーリンク

結果:まったく問題なく使えました

結果を先に書いてしまうと、まったく問題なく使うことができました。

正直なところ拍子抜けしてしまうほど簡単でした。普通のクレジットカードを使うよりもずっと簡単に決済が終わってしまいました。

日本では支払いの際、クレジットカードを店員に渡してお客さんは暗証番号を入力するだけなのですが、海外では店員にクレジットカードを渡さず自分でクレジットカードをスワイプしたり、支払いアカウントを選んだり、多少の操作を求められることが多いです。

ところが、Apple PayならiPhoneを端末にかざすだけ。Touch IDかFace IDで認証さえ行えば暗証番号を入れる必要もないのでとてもシンプルです。

Wi-Fiや携帯電話の通信環境がなくても、カード番号など必要な情報はiPhoneのなかに保存されているのでオンラインである必要はありません。そもそもクレジットカードはただのプラスチック。インターネット環境は必要ありません。

それと同じでiPhoneのなかにクレジットカードの情報さえあれば、オンライン・オフラインや海外、国内関係なくApple Payは使えるということです。

海外でApple Payの使うのは簡単

スポンサーリンク

海外でApple Payを使いたい時はどうすれば良いでしょうか。

例えばニュージーランドの場合、カード社会なので特に何も言わなくてもApple Payを端末にかざすだけで会計は終わってしまいます。

ただ国によっては支払い方法を先に告げなければいけないこともあります。そんな時はこう言いましょう。

Can I pay with Apple Pay?(Apple Payで支払えますか?)

または

Can I use Apple Pay?(Apple Pay使えますか?)

こっちのほうがシンプルですね。

もしApple Payで支払える場合は、どこでスキャンさせればいいか教えてくれるはずです。

支払えない場合は「No」と言われるので、諦めてクレジットカードか現金で支払いましょう。

関連記事