【検証】日本のApple Payは海外でも使えるのか

【検証】日本のApple Payは海外でも使えるのか

iPhone Xでサイドボタンを押してもApple Payを起動しなくする方法
iPhone XSやiPhone XRを買ったら覚えたい「iPhone XS・XRで変わった12個の操作」図解編
iPhone X以降ここが変わった!基本操作「Apple Pay(Wallet)をロック画面から呼び出す」

スポンサーリンク

Apple payが最初にアメリカでリリースされたのが2014年10月。それから2年後の2016年10月に日本でもApple Payを使えるようになりました。

まだまだ日本では現金や一般的なクレジットカード、Suicaといった電子マネーが一般的です。

今回は日本のクレジットカードを登録したApple Payを海外でも使えるのか、実際に使ってみたので、その検証記事を紹介します。

海外でも日本のApple Payは使えるか

今回試した国は南半球ニュージーランド。日本のクレジットカードはLife Cardを使いました。それと念のため通信環境を全てオフにした状態で検証しています。

結果を先に書いてしまうと、まったく問題なく使うことができました

スポンサーリンク

海外ではクレジットカードで支払う時、自分でカードをスワイプしたり多少の端末操作を求められることがあります。ところが、Apple PayはiPhoneを端末にかざすだけ。Touch IDかFace IDで認証さえ行えば暗証番号を入れる必要もないのでとてもシンプルです。

Wi-Fiや携帯電話の通信環境がまったくなくても、カード番号など必要な情報はiPhoneのなかにあるのでオンラインである必要はありません。そもそもクレジットカードはただのプラスチック。インターネット環境は必要ありませんね。

海外でApple Payの使うのは簡単

海外でApple Payを使いたい時はどうすれば良いでしょうか。

例えばニュージーランドの場合、カード社会なので特に何も言わなくてもApple Payを端末にかざすだけで会計は終わってしまいます。

ただ国によっては支払い方法を先に告げなければいけないこともあります。そんな時はこう言いましょう。

Can I pay with Apple Pay?(Apple Payで支払えますか?)

または

Can I use Apple Pay?(Apple Pay使えますか?)

こっちのほうがシンプルですね。

スポンサーリンク

もしApple Payで支払える場合は、どこでスキャンさせればいいか教えてくれるはずです。

支払えない場合は「No」と言われるので、諦めてクレジットカードか現金で支払いましょう。

スポンサーリンク

COMMENTS