【iPhone・iPad】ダークモードって何?メリット・デメリットと気になる点

「ダークモード」という言葉を聞いたことありますか?少し前に少し話題になりましたが、「画面が暗くなるやつでしょ?」と思っている方が多いと思います。

そこでこの記事ではダークモードって何?からダークモードのメリットとデメリットを紹介していきます。

「ダークモード」を聞いたことがあるけど、なんだかよくわからない方の参考になれば幸いです。

ダークモードって何?

スポンサーリンク

ダークモードがどんなものなのか、幾つか通常モードと比較できるスクリーンショットを用意しました。

設定の通常モード(左)とダークモード(右)
App Storeの通常モード(左)とダークモード(右)
Youtubeの通常モード(左)とダークモード(右)

見てもらうとわかる通り、従来の画面は白背景の上に黒い文字が書かれていますが、「ダークモード」は黒背景に白い文字が書かれています。

ちなみにダークモードではない通常モードを「ライトモード」と言います。

iPhone・iPadでダークモードにする方法

スポンサーリンク

iPhone・iPadでダークモードを設定する方法は

  1. 設定を開く
  2. 画面表示と明るさをタップ
  3. 画面上部の外観モードからライトダークを選ぶ

設定には手動で変える以外にも特定の時間帯になると自動で変わる設定もあります。

また設定からではなく、コントロールセンターから変えることも可能です。

詳しくは別途記事で紹介していますのでそちらをご覧ください。

アプリで設定を変えないといけないパターンも

設定やコントロールセンターでダークモードに変えても、ダークモードにならないアプリもあります。例えばYouTubeがその1つです。

YouTubeをダークモードにしたい場合は

  1. YouTubeを開く
  2. 画面右上のアカウントアイコンをタップ
  3. 設定をタップ
  4. ダークテーマオン

ダークモードにするメリット

「ただ画面の背景を黒くして、字を白にしただけじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、ユーザーにとってダークモードはメリットがあるんです。

画面の背景を黒くするメリットとはいったいどんなことなのか?というと。

目がチカチカしにくい=目に優しい

日常的に使っていると気が付きにくいかもしれませんが、画面が白く明るいと目がチカチカして疲れやすくなります。逆に画面は暗い方が目の負担が少ないです。

極端な例かもしれませんが、暗い部屋でiPhoneの画面を付けると眩しくて目がチカチカします。その画面を見続けると目は非常に疲れます。目に良くないのは明らかです。

ところがダークモードの場合、暗い部屋で表示させても、あまり明るさは気になりません。

例は暗い部屋の話ですが、日常生活の中でも画面は暗いほうが目の負担が少ないです。

ブルーライトが軽減される

「目に優しい」と繋がる部分ではありますが、白を基調とした従来のモードよりも黒を基調としたダークモードの方がブルーライトが少ないのも大きなメリットです。

写真や動画が映えて、キレイに見える

写真展などでも写真の枠として黒が使われるように、写真は黒を背景にした方が色が映えて、よりキレイに見えます。

ダークモードも同様で、白背景よりも黒背景の方が写真や動画の色が映え、キレイに見えます。

バッテリーが長持ちする(一部機種)

ダークモードを使うことで、機種や使い方によっては最大で50-60%も節約できると言われるほどです。
つまり電池の持ちが1.5倍くらいになるということです。これはかなり嬉しいですね。

その効果を得られるiPhoneは2019年9月末の時点で、iPhone XやiPhone XS、iPhone 11、iPhone 11 Proの4機種です。

なぜ上記の4機種だけバッテリーが長持ちするのか?というと、iPhone 11・iPhone 11 Pro、iPhone XS、iPhone Xは従来のLCD(液晶ディスプレイ)の代わりに有機ELディスプレイ(OLED)を搭載しているからです。

どうして有機ELディスプレイだとバッテリーが長持ちするのか?を書き始めると、話が長くなってしまうのでここでは割愛します。ポイントだけお伝えすると有機ELディスプレイは黒が多ければ多いほど消費電力が少ないため、黒を基調としたダークモードは消費電力が非常に少なくなっているからです。

焼き付きが起こりにくい(一部機種)

上記のiPhoneは有機ELディスプレイを搭載したiPhoneでダークモードを使うことで画面の焼き付きが起こりにくくなると言われています。

ダークモードに関する気になる点

良いことばかりのように感じるダークモードなのですが、万能というわけではありません。
利用者によって、また好みによっては使い分けたり、ライトモードをそのまま使った方が良い場合もあります。

昼間はライトモードの方が見やすい

人によっては気にならないレベルかもしれませんが、昼間、特に屋外など環境光が強い環境ではダークモードは見づらい傾向があります。

iOS 13は日中はライトモード、夜はダークモードに自動で切り替えたり、コントロールセンターから手軽にダークモードとライトモードを切り替えることができるので、使い分けることが大切です。

ダークモードは好みが分かれる

黒背景に白抜きの文字。写真や他の色もライトモードより映えますが、ダークモードは好みがわかれます。

こればかりは「好みの問題」なのでしょうがありません。

逆に目が疲れるという説もある

ダークモードは目に優しいと書きましたが、中には「ダークモードにすると目が疲れる」という方もいるようです。

Exciteニュースによると、米国オプトメトリック協会の専門家が「背景が暗いと白のテキストは光ってぼやけることがあるし、黒を背景にした白いテキストはコントラストが強すぎてむしろ読みにくい」という見解を発表したそうです。

消費電力の節約ができるのは一部の機種に限られている

上でも触れましたが、ダークモードにすることで消費電力の節約を行えるのは一部の機種だけです。それ以外の機種はダークモードにしても基本的にバッテリーの保ちが改善されることはありません。

関連記事