【レビュー】Ankerウルトラスリム Bluetoothキーボードは入門キーボードとしてGOOD

スポンサーリンク

先日、MacBook Pro 2017のキーボードが壊れて、修理のため入院しているあいだの約1週間、iPad + Bluetoothキーボードで日々の仕事をこなしました。

そのときガッツリAnkerのウルトラスリムBluetoothキーボードを使ったのでレビューします。

結果だけ書くと、iPhoneやiPadでキーボードを使ってみたいと思う人にとってはかなりGOODなキーボードでした。

Ankerウルトラスリムキーボードを使ってみてよかったこと

iPhoneを使っている人はあまり思わないかもしれませんが、iPadを持っている人なら一度は「パソコンの代わりにiPadで良いんじゃないか?」とか「一度はBluetoothキーボードを使ってみたい」と起こったことあるはずです。

ところがキーボードは値段がピンキリ。

スポンサーリンク

iPad Proを持っている人ならApple純正のSmart Keyboard(スマートキーボード)がありますが、10.5インチ用で17,800円(税別)もします。税込みだと19,000円超えです。

「ちょっと試してみたい」という人が手を出せる金額ではありません。

だからといって安すぎるのもどうなの?と思うかもしれません。僕もそう思っていました。

ところがモバイルバッテリーやLightningケーブルで定評のあるAnkerのウルトラスリムBluetoothキーボードは2,000円とかなりお安いながらもかなり使い勝手が良いです。

お勧めのポイント1:ペアリングが簡単

スポンサーリンク

まずお勧めの理由の1つ目はペアリングが簡単、しかも早いです。やり方は以下の通りです。

  1. キーボードでFnキーZキーを同時に押す。
  2. 使いたい端末(iPhoneやiPad)から設定Bluetoothとタップしていき、最後にキーボード(Anker A7726)を選ぶ
  3. iPhoneやiPadの画面に表示される文字をキーボードに入力
  4. エンターを押す

たったこれだけで設定が終わります。

ちなみにZキーにはBluetoothの絵が描かれているので、どのキーを押せばいいかすぐにわかります。

2回目からはペアリングの必要もなく、設定Bluetoothと選び、Anker A7726を選択すれば接続されます。

オススメポイント2:持ち運び安く打ちやすい

このAnkerのキーボード。かなり軽いです。重さは単4電池2本入れても220グラム。カバンに入れてもまったく気になる重さではありません。

僕はこの軽さをポジティブに捉えましたが「軽い=ちゃちい」と考える人にはオモチャのような軽さとも言えます。

スポンサーリンク

実際キーボードの多くの部分がプラスチックで作られているので、堅牢性があるとは言い切れません。

そして持ち運び安いからといって、小型化してキーのピッチが狭かったりするキーボードもありますが、このAnkerのキーボードはピッチが狭いわけではないです。13インチのノートパソコンと同じくらいのキーピッチがあります。

オススメポイント3:電池の持ちがいい

電池の持ちがすごく良いです。単4電池2本で今回パソコン入院中、1回も買い足すことはありませんでした。

その後も使っていますが、3-4ヶ月、もっと電池が持ちます。
ただしこの辺はどのくらいキーを打つか、またこまめに電源を切るか?で変わってくると思います。

ちょっと残念なこと

2000円という値段を考えるとかなりオススメなキーボードなのですが、ここは改善して欲しいということもあります。

マルチペアリングには非対応

スポンサーリンク

一つ目はマルチペアリングには非対応であるという点です。

「マルチペアリング」というのはスイッチを切り替えることで、iPadとMacを切り替えて使えるようにする設定です。設定された端末間であればその都度ペアリングをする必要がありません。

ところがこのAnkerウルトラスリムBluetoothキーボードはマルチペアリングに対応していません。iPadやMacで切り替えて使いたい時は毎回ペアリングが必要なので、頻繁に切り替える人はひと手間あります。

完全ワイヤレスキーボードである

このAnkerウルトラスリムBluetoothキーボードは完全ワイヤレス接続です。
これ自体、普段使う際には気にする必要がないのですが、一部の環境で問題が発生します。

例えば一部のMacは再起動後、ログインするまでBluetoothキーボードが使えなくなってしまうことがあります。僕のM1 MacBook Proはまさにこのパターンです。

ところがログインするためにはパスワードを入力するためのキーボードが必要です。

その場合は有線のキーボードをMacに接続するか、MacBookの場合は本体のキーボードを使う必要があります。

スポンサーリンク

打鍵音がカチャカチャいう

2000円のキーボードにいう文句ではないのかもしれませんが、打鍵音がプラスチックのカチャカチャ音です。

静かな環境や周りに人がいる環境ではその音が気になる人がいるかもしれません。

まず買ってみるBluetoothキーボードとして最適

あれこれと書きましたが、このキーボードは2000円です。
キーボード自体は使いやすく、電池の持ちもよく、しかも持ち運びにも最適なので「とりあえず買ってみるキーボード」としては最適です。

気に入ったらそのまま使ってもまったく問題ないです。

僕自身はそんなに頻繁に使うわけではなく、しかも電池入りでも200グラムちょっとという軽さは魅力的なので、このまま使って行きます。

関連記事