【レビュー】Ankerウルトラスリム Bluetoothキーボードは入門キーボードとしてGOOD

先日、MacBook Pro 2017のキーボードが壊れて、修理のため入院しているあいだの約1週間、iPad + Bluetoothキーボードで日々の仕事をこなしました。

そのときガッツリAnkerのウルトラスリムBluetoothキーボードを使ったのでレビューします。

結果だけ書くと、iPhoneやiPadでキーボードを使ってみたいと思う人にとってはかなりGOODなキーボードでした。

iPhone/iPadでBluetoothキーボードってどうなの?と言う人にオススメ

スポンサーリンク

iPhoneを使っている人はあまり思わないかもしれませんが、iPadを持っている人なら一度は「パソコンの代わりにiPadで良いんじゃないか?」とか「一度はBluetoothキーボードを使ってみたい」と起こったことあるはずです。

ところがキーボードは値段がピンキリ。

iPad Proを持っている人ならApple純正のSmart Keyboard(スマートキーボード)がありますが、10.5インチ用で17,800円(税別)もします。税込みだと19,000円超えです。

「ちょっと試してみたい」という人が手を出せる金額ではありません。

だからといって安すぎるのもどうなの?と思うかもしれません。僕もそう思っていました。

ところがモバイルバッテリーやLightningケーブルで定評のあるAnkerのウルトラスリムBluetoothキーボードは2,000円とかなりお安いながらもかなり使い勝手が良いです。

お勧めのポイント1:ペアリングが簡単

まずお勧めの理由の1つ目はペアリングが簡単、しかも早いです。やり方は以下の通りです。

  1. キーボードでFnキーZキーを同時に押す。
  2. 使いたい端末(iPhoneやiPad)から設定Bluetoothとタップしていき、最後にキーボード(Anker A7726)を選ぶ
  3. iPhoneやiPadの画面に表示される文字をキーボードに入力
  4. エンターを押す

たったこれだけで設定が終わります。

2回目からはペアリングの必要もなく、設定Bluetoothと選び、Anker A7726を選択すれば接続されます。

オススメポイント2:持ち運び安く打ちやすい

このAnkerのキーボード。かなり軽いです。重さは単4電池2本入れても220グラム。カバンに入れてもまったく気になる重さではありません。

※ただし僕はこの軽さをポジティブに捉えましたが「軽い=ちゃちい」と考える人にはオモチャのような軽さとも言えます。

そして持ち運び安いからといってキーボードのピッチが狭いわけではないです。13インチのノートパソコンと同じくらいのキーピッチがあります。

オススメポイント3:電池の持ちがいい

電池の持ちがすごく良いです。単4電池2本で今回パソコン入院中、1回も買い足すことはありませんでした。

Amazonのページによると3ヶ月持つそうです。

とは言え価格なりのキーボードです

スポンサーリンク

とはいえ2000円のキーボードです。打鍵音はけっこうカタカタとうるさく、そこはちょっと安っぽいです。

なので、iPad+Bluetoothキーボードの環境が気に入ったら、もう少し良いキーボードを探してみてもいいかもしれません。

僕自身はそんなに頻繁に使うわけではなく、しかも電池入りでも200グラムちょっとという軽さは魅力的なので、このまま使って行きます。

関連記事

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。