【レビュー】ダイソーのLightningケーブル(500円・MFi認証)

スポンサー・リンク

ダイソーが2019年6月に発売したApple認定(MFi認証済み)のLightningケーブルを発売しました。

今まで発売されていたLightningケーブルは「充電しかできない」ケーブルでしたが、今回発売されたケーブルは充電はもちろん、データの同期も行うことができませんでした。

そこで満を持して登場したのが、Apple認定(MFi認証済み)のLightningケーブルです。先日たまたま訪れたダイソーで見つけたので購入してみました。

ダイソーのApple認定(MFi認証)Lightningケーブルを買ってみた

スポンサーリンク

今までダイソーが発売していたLightningケーブルは

  • Apple認定ではない
  • 充電ができる
  • iPhoneやiPadとパソコンなどのデータ同期はできない
  • 挿し込む際に裏表がある=裏表を間違えると充電されない
  • ケーブルの長さは60センチ
  • 値段は100円(税別)

という極限まで割り切ったものでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ダイソー(DaisoJapan)公式アカウントさん(@daiso_official)がシェアした投稿

そして先日ダイソーから発売されたLightningケーブルは

  • Apple認定
  • 充電できる
  • データ同期ができる
  • 挿し込むときの裏表はない
  • ケーブルの長さは1メートル
  • 値段は500円(税別)

と、いわゆる「普通のLightningケーブル」となっています。ちなみに色は「レッド・ブラック」と「シルバー・ホワイト」の2パターンあります。

ダイソー Apple認定(MFi認証済み)Lightningケーブルを買ってみた パッケージ表面

今回購入したモノは「レッド・ブラック」です。「シルバー・ホワイト」は売り切れていました。

パッケージは100円ショップで販売しているとは思えないしっかりした作りです。Amazonで販売されている格安のLightningケーブルよりも高級感があります。

MFi認証(Made for iPhone/iPad/iPod touch)のロゴもちゃんと載っています。

ダイソー Apple認定(MFi認証済み)Lightningケーブルを買ってみた パッケージ裏面

裏面には読ませる気はなさそうなほど小さな文字が敷き詰められています。

出力は「2.4A」。高速充電にも対応しています。

ダイソー Apple認定(MFi認証済み)Lightningケーブルを買ってみた ケーブル自体

ケーブル自体はApple純正のものよりも若干太く、触った感じは適度にしっかりしています。

ダイソー Apple認定(MFi認証済み)Lightningケーブルを買ってみた ケーブル拡大

差し込み口には「DAISO」と書かれています。

Lightningケーブルは差し込み口とケーブルの境目のゴムが破れて、そこから断線することが多いです。このダイソーのケーブルがそういった破損に特別な処置をしている感じはありません。純正と同等という印象です。

実際に使ってみてどうなのか

スポンサーリンク

正直なところケーブルのレビューというのはなかなか難しいのですが、今回ダイソーから発売されたApple認定のLightningケーブルは正直なところスゴく普通でした。

当たり前といえば当たり前なのですが、普通に充電ができ、普通にデータ転送もできました。

ダイソーのApple認定(MFi認証済み)Lightningケーブルは買い?それとも

Apple純正のLightningケーブルは1メートルで1,800円(税別)します。それを考えればダイソーのケーブルは500円なので、かなり安いと言えます。

ただAmazon.co.jpで「MFi認証のLightningケーブル」を探すと、「3本セットで1000円以下」のケーブルも存在します。

そのため個人的には「予備として買うならAmazonや楽天などで、そここそ安いケーブル」を買うのがお勧めです。ただし最安値の激安ケーブルはMFi認証されていなかったり、「安かろう悪かろう」なことがあるので要注意です。

DUXDUCIS iPhone 充電ケーブル ライトニングケーブル 3本セット 0.25+1+2M
DUXDUCIS

そうではなく「今すぐ必要」「注文して送られてくるのを待てない」状況であれば、ダイソーでMFi認証のケーブルを安く買えるのは大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

関連記事