基礎知識

iOSのパブリックベータを入れる前に気をつけたいこと

スポンサーリンク

最新のiOSを一般リリースよりも先に体験することができるApple Beta Software Program。

このApple Beta Software Programを使えば、「パブリックベータ」と呼ばれる一般公開されていない最新のiOSを自分のiPhoneやiPadに入れることができます。

「おっ!それは面白そうだ!」と飛びつく前にぜひ知っておいて欲しいことがあります。パブリックベータをインストールする前にぜひ一度読んでもらえたら嬉しいです。

パブリックベータってそもそも何?

まずはどうしてパブリックベータなんていうものがあるのか。そこから話をさせてください。

パブリックベータというのは、一般公開する前に一部の人たち限定で開発途中のものを使ってもらって、バグを見つけてもらうことを目的としています。またアプリを開発している人たちが、自分たちのアプリが新しいiOS上で疎くかどうかを試す環境としても使われています。

スポンサーリンク

つまり「一般公開されているものよりバグがある」ということです。また使っているアプリは新しいOSに対応していない可能性もあるということです。

パブリックベータを使うメリットは何?

パブリックベータを一般の人が使うメリットは「一般公開されていない最新のものを使える」という1点だと思います。

パブリックベータを使うデメリットって何?

パブリックベータにはバグがあるので注意が必要です。
例えば普段使っているアプリの一部、または全体が使えなくなる可能性があります。またiPhoneやiPad動作が遅くなってしまうかもしれません。

そのため仕事で使っていたり、日常生活で使えなくなると困るアプリがあったら入れないほうが良いかもしれません。日常的に使うアプリには、熱中しているゲームも含まれます。僕は以前パブリックベータを入れたら、当時夢中だったゲームができずに凹んだことがあります。

またもしパブリックベータが嫌だったとき、元に戻す必要があります。そういった手間と戻す知識みたいなものを必要とされるので、その点も頭の片隅に置いておく必要があります。

関連記事+広告

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。