Apple Watch 5でいろいろな場所の騒音を測ってみた【随時更新中】

watchOS 6が入ったApple Watch 4とApple Watch 5は「ノイズ」というアプリを使うことができます。

このアプリを使うと環境音のノイズレベルを計測できるので、先日周りのノイズレベルをいろいろ測ってみました。

Apple Watchでさまざまな環境でノイズレベルを計測してみた

スポンサーリンク

Apple Watch Series 4から使えるノイズ(騒音)のレベルを計測できるノイズアプリ。手軽に環境音のレベルを計測できるので、試してみたところけっこう面白かったので、調子に乗っていろいろな環境でノイズレベルを計測してみました。

ノイズ(騒音)レベルは「デシベル」という単位で表します。Appleによるとレベルごとに1日、また1週間のあいだに一定時間以上さらされると難聴になる恐れがあるという時間が決められています。

  • 80デシベル以下 … 長時間さらされても聴覚に問題ないレベル
  • 80デシベル … 1日5時間半。週40時間まで
  • 85デシベル … 1日1時間45分。週12時間半まで
  • 90デシベル … 1日30分。週4時間まで
  • 95デシベル … 1日10分。週1時間15分まで
  • 100デシベル … 1日数分でも危険。週20分まで。

この騒音レベルを参考に進めてもらえると幸いです。

家の周辺

  • 住宅エリア … 40弱
  • 郵便バイクが通り過ぎる … 70
  • 踏み切りが降りた状態 … 75
  • 蝉の声(やや遠く) … 60

家の中

  • 家の中 テレビを小さめの音量で付けた状態 35前後
  • 家の中 深夜1時半の寝室 … 30ちょっと
  • 電動歯ブラシ(ドルツ) … 60から65
  • ミキサー … 90弱
  • 洗濯機の脱水 … 65前後
  • 洗濯機の入水 … 70

店舗・鉄道など

  • スーパーマーケット店内 … 60弱
  • 同店のスピーカーの近く … 70弱
  • 賑やかなカフェ … 75-80
  • 大阪 南海線 ホーム … 50-60
  • 東京 京葉線のアナウンス.. 80
  • 京葉線 車内 … 65前後

ディズニーランド

  • ショー … 70-70後半
  • ピーターパン空の旅のなか … 80弱
  • エレクトリカルパレード … 最大90ちょっと

飛行機の機内

  • 国内線 離陸前の移動 … 70弱
  • 国内線 飛行中 … 75前後
  • 国際線(ボーイング787-9) 飛行中 … 70前後

騒音レベルをいろいろ測定して感じたこと

スポンサーリンク

ここで紹介したサンプル数が少ないものの、日常的にApple Watchに表示されるノイズレベルを見ていると個人的な印象では

  • 静かな場所 … 30から40弱
  • 「少しうるさい」と感じる場所 … 60後半から70くらい
  • 長く聞くのは耐えがたい … 75以上

といった感じでした。

ディズニーランドのエレクトリカルパレードは最大で90を超えることもあり、長時間この音を聞いていたら耳がおかしくなりそうでした。パレードに参加するキャストに人ってすごいですね。難聴にならないようご注意下さい。

余談:Apple Watchのノイズ(騒音)測定はどのくらい正確?

余談といえば余談なのですが、Apple Watchのノイズアプリの精度はどのくらい高いのでしょうか。

ノイズアプリがリリースされた当初、海外で精密なノイズレベルの測定器と比較した動画がTwitterに投稿されていました。この動画によるとかなり精度は高いようです。

 

関連記事