Appleシリコン搭載のMacを買うときに気を付けたいこと

この記事では2020年11月に発売するAppleシリコン搭載のMacを購入する前に知っておきたいこと・気を付けたいことを紹介します。

Appleシリコン搭載のMacを「新しいMacだから」「なんか良さそうだから」「話題だから」という理由で買ってしまうと「こんなはずじゃなかった」「誰も教えてくれなかった」となるかもしれません。

なんで「こんなはずじゃなかった」となる可能性があるのか。それはこれまでのMacとAppleシリコン搭載のMacは大きな違いがあるからです。

Appleシリコン搭載のMacを買う前に知っておきたいこと

スポンサーリンク

2020年11月、Appleは「Appleシリコン」と呼ばれるチップを搭載したMacを発表・発売します。

このAppleシリコン搭載のMacはこれまでのMacと同じmacOSを搭載します。

そのためカーソルを動かしたり、文字を入力したり「ユーザーが操作する」という視点でみると従来のMacと同じと思われるかもしれません。

ところが中身、機械的な視点で見るとAppleシリコンを搭載したMacはこれまでのMacと別物なんです。

この記事では「プロセッサがこれまでのIntel製からARMプロセッサを使ったAppleシリコンに変わって。。」といった難しい話はしません。

詳しい理由を知りたい方はGizmodoの「Apple SiliconによるMacの大改編。未来のMacはどうなるのか?」を読んでもらうとわかりやすいです。

ここではそういう難しい話ではなく、一般ユーザーがAppleシリコン搭載のMacを買う上で知っておきたいこと、気をつけたいことを紹介します。

メリットよりも注意すべきことに目を向ける

この記事を書いている段階ではAppleシリコンのMacはまだ発表になっていません。そのため、AppleシリコンのMacの何がすごいのか?どう性能がアップするのか?は、11月11日にアップルが発表すれば明らかになります。

それよりもAppleシリコン搭載のMacを買った時、どんなことに注意しなければいけないのか、どんなデメリットがあるかもしれないのかを知っておくことが大切です。

不具合が多いかもしれない

Appleはこれまでインテル製のチップを搭載したMacはずっと出してきましたが、Appleシリコン搭載のMacをリリースするのは初めてです。

そのためこれまでのMacと比べてハードウェア的に、またソフトウェア的に不具合が多く出る可能性が高くなります。

使えないアプリがあるかもしれない

現在リリースされているMac用のアプリはインテル製のチップに最適化されています。Appleシリコン搭載のMacが出る前にアプリの開発者がAppleシリコンに最適化して、アップデートを出してくれればいいのですが、なかなかそうはいかないかもしれなせん。

特に個人が開発するアプリだと対応に時間がかかります。また中には開発がすでに終わっているアプリもあるはずです。

Appleはそういったインテル製のチップに最適化されたアプリでも、Appleシリコン搭載のMacで問題なく使えるような仕組みをmacOSに用意すると発表しています。ただ全てのアプリが使える保証はどこにもありません。

なのでAppleシリコン搭載のMacを買ったはいいものの、使いたいアプリが正常に動作しないという問題に直面する可能性があります。

Macで仕事をする人、特定のやりたいゲームがある人は、使いたいアプリの対応状況を確認してからAppleシリコン搭載のMacを買うか、「最悪動かないかもしれない」という理解が必要です。

蓋を開けてみないとわからない

スポンサーリンク

ここまで紹介した「不具合があるかも」「アプリが動かないかも」という話は、蓋を開けてみないと(発売してみないと)わかりません。

特にアプリは人それぞれ何を使いたいのか違うので、全く問題ない人もいれば「対応していないアプリ」に遭遇するかもしれません。

Appleシリコン搭載のMacを早い段階で買うことはリスクがあることは理解しておく必要があります。

Appleシリコン搭載のMacが出たら、これまでのMacはすぐに手放さずに最初は2台体制でMacを使って、問題なさそうだったら古い機種を手放すことをお勧めします。

関連記事