iPhoneの「手前に傾けてスリープを解除」をオフにする方法

iPhoneの画面が真っ暗な状態で持ち上げて、手前に傾けると画面が点灯します。

この機能。スクリーンをタップしたり、ホームボタンを押さなくても時間や通知の確認ができるので便利といえば便利なのですが、意図せず画面が点灯してしまうこともあります。

この記事では、勝手に画面が点灯すると困ってしまう仕事をしている方や、子どもを寝かしつけていてiPhoneの画面が点灯して欲しくない主婦などのために、「手前に傾けるとスリープを解除」する機能をどのようにしてオフにするか紹介します。

手前に傾けてスリープ解除を行える機種

スポンサーリンク

このiPhoneの消えてるディズプレイが手前に傾けると点灯する機能を手前に傾けてスリープを解除といいます。

この機能に対応していないiPhoneは「iPhone 6以前の機種」となっています。それ以降のiPhone SEやiPhone 6sなどの機種で使うことが可能です。

手前に傾けてスリープ解除をオフにする

スポンサーリンク

手前に傾けてスリープ解除をオフにする方法

「手前に傾けてスリープ解除」の設定をオフにするためには

  • 設定を開く
  • 画面表示と明るさをタップ
  • 手前に傾けてスリープ解除オフにする

これだけでiPhoneを手前に傾けても画面が点かなくなります。

ちなみにこの手前に傾けてスリープを解除に対応していないiPhoneの場合、画面表示と明るさのなかに手前に傾けてスリープ解除という項目が表示されません。

傾けると付くだけでなく、タップして画面が付くのをオフにする方法

この記事では「消灯しているiPhoneを傾けると、画面が点灯する機能」をオフにする方法を紹介しました。

この機能と似た機能でiPhoneやiPadには「画面をタップすると画面が点灯する」機能もあります。もし、画面をタップしても点灯して欲しくない場合は下記の記事を参考にしてみてください。

iPhone・iPadの「タップしてスリープ解除」をオフにする方法

関連記事