【iPhone・iPad】写真や動画に位置情報を追加・編集する方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhoneやiPadを使って写真や動画に位置情報を追加したり、編集する方法を紹介します。

iPhoneなどのスマホやiPadなどのタブレット以外で撮影された写真や、SNSでダウンロードした写真、メッセージで送られてきた写真や動画には位置情報がないことが多いです。

そんな写真や動画に位置情報を付け加えることであとで検索しやすくなるかもしれません。

iPhone・iPadで写真や動画に位置情報を追加・編集する方法

iPhone・iPadは2021年秋にリリースされるiOS 15とiPadOS 15から写真や動画の位置情報を追加・編集できる機能を提供すると発表していますが、2021年6月現在はアプリを使う必要があります。

ここでは2つのアプリを紹介します。

位置情報を追加・編集できるアプリは他にもあります。
もしGoogleフォト以外のオンラインストレージに写真を保存している場合はそのサービスのアプリでも追加・編集できるかもしれませんのでチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

Exif Viewer

今回紹介する2つでいえばExif Viewerのほうが使い勝手が良いです。というのもGoogleフォトの位置情報追加機能はExif Viewerより制限があるからです。

  • 複数の写真や動画の位置情報を一括で変更したい
  • iPhone・iPadの写真アプリで位置情報を知りたい
  • もともと位置情報が入っている写真や動画の位置情報を追加・修正したい。

それではExif Viewerで位置情報を追加・編集する方法です。

1枚だけ位置情報を追加・編集する場合

  1. Exif Viewerを開く
  2. (初回のみ)すべての写真へのアクセスを許可をタップ
  3. 画面下の全ての写真をタップ
  4. 位置情報を追加・編集したい写真・動画を開く
  5. 画面下のEXIFを編集するをタップ
  6. 下にスクロールしてロケーションの横にある虫眼鏡をタップ
  7. 撮影場所を検索
  8. 画面下の変更を適用するをタップ
  9. 「変更を許可しますか?」という画面で変更をタップ

複数枚の写真・動画を一度に変更する場合

  1. Exif Viewerを開く
  2. (初回のみ)すべての写真へのアクセスを許可をタップ
  3. 画面下の全ての写真をタップ
  4. 画面右上の下向きのをタップ
  5. 複数の項目を選択をタップ
  6. 撮影日時を変更したい写真や動画をタップ
  7. EXIFを編集するをタップ
  8. 下にスクロールしてロケーションの横にある虫眼鏡をタップ
  9. 撮影場所を検索
  10. 画面下の変更を適用するをタップ
  11. 「変更を許可しますか?」という画面で変更をタップ

Googleフォト

Googleフォトをすでに使っている人は新たにアプリを入れなくても良いので手軽に位置情報を追加できますが、Exif Viewerでは行える以下のことがGoogleフォトでは行えません。

スポンサーリンク

  • 位置情報が追加されるのはGoogleフォト内のみ
  • 複数の写真を一度に追加変更できない
  • もともと位置情報が入っている写真や動画に新たに位置情報を追加・編集することはできない

Googleフォトで位置情報を追加する方法を見ていきましょう。

  1. Googleフォトを開く
  2. 位置情報を追加したい写真を開く
  3. 写真を上にスワイプ
  4. 撮影日などの情報の一番下にある撮影場所を追加をタップ
  5. 撮影場所を入力して検索

場所を選択すると自動的に位置情報が反映されます。

関連記事