「iCloudキーチェーン」って何?iPhone・iPad・Macの基礎知識

このページではiPhoneやiPad、Macを使っているとよく見かけるiCloudキーチェーンが何かを紹介します。

一言で言ってしまうと「各種サービスで使っているユーザー名やメールアドレス、パスワード、さらにはクレジットカード情報を保存する機能」のことを言います。

では、もう少し掘り下げて機能をチェックしてみましょう。

iCloudキーチェーンっていったい何?

スポンサーリンク

日々、私たちはGoogleやYahoo、Amazonや楽天、メルカリ、Instagramなどたくさんのウェブサービスを利用します。

それぞれのサイトにログインするためのアカウント名やメールアドレス、パスワードがあり、サイト中にはクレジットカード情報も登録しています。

これらの登録情報を手帳などのメモしたり、メモアプリに保存するのは、セキュリティーを考えるとちょっと不安です。

誰かがその情報を抜き取って、悪用してしまうかもしれません。

そんなとき便利な機能がiCloudキーチェーンです。
キーチェーンというのは、Key Chain、つまり「鍵の束」という意味です。

例えばiPhonedのSafariで、Amazon.co.jpにログインするとき、以下のようなメッセージが画面下に出てきます。

iCloudキーチェーンは各種サービスやアプリ、Wi-Fiなどのアカウント名、ユーザーID、メールアドレス、パスワード、さらにはクレジットカード情報といった機密情報を安全に管理することが可能です。

またこのiCloudキーチェーンはiCloud経由でiPhoneやiPad、MacなどAppleの端末間で共有されるため、普段iPhoneでログインしているサイトにiPadからアクセスしても、その都度ユーザーIDやパスワードを入力する必要がありません。

iCloudキーチェーンを他の端末と共有する/共有を止める方法

スポンサーリンク

iCloudキーチェーンに保存されている情報を他の端末と共有する方法、もしくは他の端末と共有しない方法です。

iPhone・iPadからiCloudキーワードの共有をオンにする方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 画面上、Apple IDのアイコンをタップ
  3. iCloudをタップ

  1. キーチェーンをタップ
  2. データを共有する場合はiCloudキーチェーンオフになっていたらオン

もしiCloudキーチェーンを他の端末と共有したくないときは最後のiCloudキーチェーンオフにしましょう。

iCloudキーチェーンに保存されている情報を追加・編集・削除する方法

iCloudキーチェーンにアカウント情報を追加したり、すでにある情報を編集・削除する方法は以下の通りです。

アカウント情報を追加する場合

まずはアカウントを追加する方法です。

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールし、パスワードとアカウントをタップ
  3. WebサイトとAppのパスワードをタップ
  4. 画面右上のをタップ
  5. Webサイトユーザ名パスワードを入力
  6. 画面右上の完了をタップ

登録したアカウント情報を編集する方法

続いて登録したアカウント情報を編集・アップデートする方法です。

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールし、パスワードとアカウントをタップ
  3. WebサイトとAppのパスワードをタップ
  4. 編集したい情報を探してタップ
  5. 画面右上の編集をタップ
  6. ユーザ名パスワードを編集・アップデート
  7. 終了後、画面右上の完了をタップ

以上でアカウント情報を編集・アップデートすることができました。

登録したアカウント情報を削除する方法

最後に登録したアカウント情報を削除する方法です。

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールし、パスワードとアカウントをタップ
  3. WebサイトとAppのパスワードをタップ
  4. 編集したい情報を探して左にスワイプ
  5. 削除をタップ

これでアカウント情報は削除されます。一度削除した情報は元に戻せませんので、ご注意ください。

関連記事