新しいiPhoneを買って古いiPhoneから移行する前にやっておきたいこと

新しいiPhoneを買って古いiPhoneから移行する前にやっておきたいこと

他のiPhone/iPadで購入したアプリを勝手にダウンロードさせない方法
iOS 10.3がリリース!アップデート前には「必ず」バックアップを取ろう
iPhone/iPadをiTunesでバックアップ取れないときの対処方法

スポンサーリンク

新しいiPhoneが手元に届いたら、新しいiPhoneを早く使いたいですよね。でも、まず最初にやらなければいけないのは、古いiPhoneのデータを移行することです。

今回はそんな新しいiPhoneが手に入る前に、事前にやっておきたい移行を楽にする下準備を紹介します。

いらないアプリや写真・動画はドンドン削除

新しいiPhoneが届いて一番最初に行うのは、古いiPhoneからのデータ移行です。

その昔、16GBのiPhoneのデータを写すのはそんなに時間がかかりませんでしたが、最近では256GBのiPhoneもあり、バックアップからデータの復元をするのに、ものすごく時間を食われるようになりました。

そこで、データ移行時間を短くするために、新しいiPhoneへ移行する前に古いiPhoneに入っている遊んでいないゲームや使わないアプリ、見ない写真や写真を削除しましょう。

スポンサーリンク

特に「動画」はストレージを非常に圧迫します。動画を20個削除しただけでも1GBくらい削除できるかもしれません。

ちなみに僕は、事前にGoogleフォトに写真はアップされているので、iPhone Xにデータを移行する前に、写真と動画はすべてMacに取り込んで削除しました。

バックアップはiTunesで暗号化して

バックアップは大きく分けて「iTunesでバックアップ」と「iCloudでバックアップ」があります。さらにiTunesの場合は「暗号化してバックアップ」と「暗号化しないでバックアップ」があるので、全部で3通りのやり方があります。

一番安全で、一番多くの物を移行できるのは「iTunesで暗号化してバックアップ」です。より確実に移行したいときは「iTunesで暗号書いてバックアップするようにしましょう。

スポンサーリンク

COMMENTS