コントロールセンターから消えたNight ShiftやAirDropはどこにいった?

今まであったものが姿を消すと、意外と気が付かないものです。あとになって「あれ?アレはどこにいった?」なんてことになります。

以前はコントロールセンターにあったNight ShiftやAirDropが良い例です。

iOS 11からコントロールセンターから忽然と姿を消していることに気が付かないと思います。

いったいNight ShiftとAirDropのボタンはどこにいったのでしょうか。

Night Shiftはいったいどこにいった?

スポンサーリンク

まずはNight Shiftがどこにいったのか見てみましょう。

iOS 11からNight Shiftはコントロールセンターの表立ったところから消えました。その代わり画面の輝度を変えるメニューの中に隠れています。

コントロールセンターを表示させた後、ディスプレイの明るさをコントロールするエリアを少し強く推します。

するとディスプレイの明るさを調整するバーが大きく表示され、そのすぐ下にNight Shiftがあります。グレーならオフ。オレンジだとオンです。

AirDropはどこに消えた?

スポンサーリンク

それではAirDropがどこに消えたのか?というとNight Shift同様コントロールセンターのなかに隠れています。

コントロールセンターの左上、機内モードやWi-Fiのオンオフができるエリアを少し強く押します。するとこのエリアが拡大表示され、そのなかにAirDropが現れます。

設定を変えるときはAirDropのアイコンをタップすれば、公開範囲を決めることができます。

どうしてこんなところに隠したのか謎

コントロールセンターはiOS 11になって格段に自由度が増しました。
今まで表示することができなかった「ストップウォッチ」や「ボイスメモ」さらに新機能の「画面録画」もコントロールセンター内に表示させることができます。

コントロールセンターのカスタマイズは

  1. 設定を開く
  2. コントロールセンターをタップ
  3. コントロールセンターのカスタマイズをタップ

以上の順番でタップしていくと表示させることができます。

iPhone・iPad。コントロールセンターのカスタマイズを開く方法

追加・削除できる項目は下記の17項目なんですけど、どうしてここにNight ShiftとAirDropを追加しなかったのか謎です。iOS 11.0の仕様はちょっとわかりにくいですね。

  • フラッシュライト
  • タイマー
  • アラーム
  • ストップウォッチ
  • 計算機
  • カメラ
  • Apple TV Remote
  • Wallet
  • アクセシビリティのショートカット
  • アクセスガイド
  • テキストサイズ
  • ボイズメモ
  • メモ
  • 低電力モード
  • 拡大鏡
  • 画面収録
  • 運転中の通知を禁止

関連記事

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。