iPhone・iPadのホームボタンが壊れた?反応しないときの原因と対処方法

この記事ではiPhoneやiPadのホームボタンが反応しない、動かなくなった時の原因と家庭でできる対処方法を紹介します。

iPhoneやiPadのホームボタンが反応しない・動かなくなる原因は機械的な故障の可能性もありますが、使い方や使っている状態によって反応しなくなることもあります。

ホームボタンには大きく分けて2種類ある

スポンサーリンク

まず初めにiPhoneとiPadのホームボタンには大きく分けて2種類あることから説明していきます。この違いによって若干の対処方法が変わってきます。

iPhone・iPadのホームボタンは大きく分けて下記の2種類あります。この2つの違いをざっくりと説明しておきます。

  • iPhone 7、iPhone 8、iPhone SEのホームボタン
  • iPhone 6sかそれ以前とiPadのホームボタン

iPhone 7やiPhone 8、iPhone SEのホームボタンは「擬似的なボタン」を採用しています。

どういうことか?というと、それまでのiPhone 6sやそれ以前のiPhoneや、ホームボタンがあるiPadはパソコンのキーボードと同じでホームボタンを押すとボタンが凹み、指に押して感触が伝わる「物理的なボタン」が使われていました。

ところがiPhone 7以降のiPhoneはこの「物理的なボタン」を廃止しました。その代わりホームボタンの場所を押すと、感圧センサーというセンサーが押された圧力を感知して、あたかもボタンを押したかのような「カチッ」という触感を返します。

これによって物理的なボタンの故障が減るのと同時に耐水性能も上がりました。

iPhone 6sやiPadのホームボタンが反応しない時の原因と対処方法

スポンサーリンク

iPhone 6sやそれ以前のiPhoneとiPadのホームボタンが反応しない、または反応しないことがある場合は、物理的な故障の可能性が高いです。

念のため再起動をしてみて、それでも状況が変わらない場合はApple Storeや正規プロバイダーなどに相談して修理してもらうようにしましょう。

それまではホームボタンの代わりに画面に擬似的なホームボタンを表示させて、そのボタンを使ってiPhoneを操作することも可能です。

iPhone 7やiPhone 8、iPhone SEのホームボタンが反応しない原因と対処方法

それでは前置きが長くなりましたが、iPhone 7とiPhone 8、iPhone SEのホームボタンが反応しない時の原因と対処方法ですです。

ホームボタンは濡れた手や手袋に反応しない

全てのiPhoneやiPadに言えることなのですが、ディスプレイを濡れた手や手袋をつけて触ると反応しなかったり、思ったように操作できません。

これはディスプレイに微弱な静電気に反応する「静電容量式センサー」という技術が使われているからです。

iPhone 7やiPhone 8、iPhone SEのホームボタンもディスプレイと同じように「静電容量式センサー」が使われています。

つまり、ホームボタンも濡れた手や手袋をした状態で押しても反応しないことがあるということです。

対策方法は「乾いた素手で触るか、タッチペンを使う」

濡れた手や手袋でiPhoneの操作をしようとして、ホームボタンが使えない時は以下の対処方法を取ることができます。

  • 手を乾かす
  • 素手でやる
  • タッチペン(スタイラスペン)を使う

いずれかを使うことで対しょすることができます。

ちなみに手袋やスタイラスペンには指紋がないためTouch IDは使えません。

個人的にお勧めなのは「タッチペンを使う」

個人的にお勧めなのはタッチペン(スタイラスペン)を使うことです。
というのもスマホの操作ができる手袋をいろいろ見かけますが、反応が悪かったり、見た目がイマイチだったりすることもよくあります。

一方、タッチペンは手袋よりも感度がいいです。しかもちょっとした操作に使うのであれば安価なものでも十分使えます。

「導電繊維」というタイプのペン先が使われたタッチペンが安価なのでお勧めです。値段は3本1000円を切るくらいです。中には10本で800円なんていうものもありました。

なぜ安いペンを勧めるのか?というと僕の場合、キッチンで洗い物をしながらYoutubeを見ることが多いです。そんな時濡れた手で操作をするとき高いペンだと壊れた時のショックが大きいです。

ところが「導電繊維」のペン先が使われたペンは、充電タイプではないので濡れただけでは壊れません。もちろん濡れたままにしておくと徐々に錆びてきたりしますが1本300円前後なので、錆びて使えなくなってもショックは小さいです。

何らかの不具合や故障を疑う

iPhone 7やiPhone 8、iPhone SEのホームボタンは擬似的なボタンであることは上で触れました。

擬似的なホームボタンはiPhoneに電源が入っていない状態だとまったく反応しません。全くカチカチ反応しません。

もしホームボタンを押しても何の反応も返ってこない場合は、ホームボタンに何らかの不具合が出ているか、または故障して反応しなくなっている可能性もあります。

そんなときは一旦iPhoneを再起動、もし再起動できないときは強制再起動をすることで、再びホームボタンが使えるようになることがあります。逆に再起動しても直らないときは機械的な故障という可能性が高いので、Appleに相談してみましょう。

関連記事