AirPodsの名前を「AirPods」にすると「◯◯のAirPods」に戻ってしまうときの対処方法

AirPodsは他のApple製品同様、最初の設定では「◯◯のAirPods」という名前が付けられてしまいます。

するとBluetoothの機器の一覧を探すと他の人に本名がバレバレになってしまいます。これ、Appleにプライバシー保護の観点からなんとかして欲しいです。

そこで「◯◯のAirPods」をただの「AirPods」に変更すると、なぜか少ししてから見ると「◯◯のAirPods」と元に戻ってしまいます。

このAirPodsの名前が元に戻ってしまうのはバグでも何でもありません。

名前を「AirPods」にできない仕様

スポンサーリンク

理由は明らかにされていませんが、AirPodsは「AirPods」と名付けることができないのは「そういう仕様だから」、つまりAppleがAirPodsと名付けられなくしているわけです。

そのため「◯◯のAirPods」という名前が嫌で「AirPods」にしてもしばらくすると「◯◯のAirPods」に戻ってしまいます。

AirPodsの名前をiPhone・iPad・Macから変える方法

では、すべて大文字の「AIRPODS」だとどうなのか?というと大丈夫です。使えます。またすべて小文字の「airpods」も大丈夫でした。

なので、オリジナルの名前を考えるのが面倒な人・好きじゃない人は「AIRPODS」「airpods」あたりにしておくと良いかもしれません。

それ以外にも「Airpods」のあとに「半角スペース」や「. ピリオド」「* アスタリスク」などの記号を入れることもできます。ただし同じアスタリスクでもこちら「✳︎」はダメなようです。

他にも絵文字も入れられるので「AirPods」の前後を絵文字で飾っても楽しいかもしれません。

関連記事