AirPodsの名前を「AirPods」にすると「◯◯のAirPods」に戻ってしまう原因と対処方法

AirPodsは他のApple製品同様、最初の設定でつけられる名前は「◯◯のAirPods」です。

「そのままで良いんじゃない?」と思う方もいるかも知れませんが、Bluetooth機器の名前は他人が知ることもできるので、自分の名前を公共の場に晒しているのと変わりがありません。

そこで「◯◯のAirPods」をただの「AirPods」に変更すると、なぜか少ししてから見ると「◯◯のAirPods」と元に戻ってしまいます。

このAirPodsの名前が元に戻ってしまうのはどうしてなのでしょうか、原因と対策方法を紹介します。

名前を「AirPods」にはできない

スポンサーリンク

理由は明らかにされていませんが、AirPodsは「AirPods」と名付けることができないのは「そういう仕様だから」、つまりAppleがAirPodsという名前にできないようにしています。

そのため「◯◯のAirPods」という名前が嫌で「AirPods」にしてもしばらくすると「◯◯のAirPods」に戻ってしまいます。

では、すべて大文字の「AIRPODS」だとどうなのか?というと大丈夫です。使えます。またすべて小文字の「airpods」も大丈夫でした。

なので、オリジナルの名前を考えるのが面倒な人・好きじゃない人は「AIRPODS」「airpods」あたりにしておくと良いかもしれません。

それ以外にも「Airpods」のあとに「半角スペース」や「. ピリオド」「* アスタリスク」などの記号を入れることもできます。ただし同じアスタリスクでも全角の「✳︎」はダメなようです。

他にも絵文字も入れられるので「AirPods」の前後を絵文字で飾っても楽しいかもしれません。

関連記事