【iPhone】「背面タップ」ができない原因とコツ

スポンサーリンク

iPhoneには本体の背面をタップすると特定のアプリを起動したり、特定の操作を行うという便利な機能「背面タップ」が搭載されています(iOS 14以降)

iOS 14がリリースされるや否や、この便利さからTwitterなどで「背面タップ便利すぎヤバイ」とか「背面タップは神アプデ」とツイートされましたが、その一方で「背面タップの設定がない」という声を見かけました。

そこでこの記事では背面タップが使えない時の原因と、背面タップを行う時のコツを紹介します。

背面タップを使うための必須条件

背面タップを設定するためにはお使いのiPhoneが以下の条件をどちらも満たしている必要があります。

その条件は以下の通りです。

  • iOS 14かそれ以降を搭載している
  • iPhone 8以降のiPhoneを使っている

スポンサーリンク

お使いのiOSのバージョンがわからないときは下記の記事を参考にしてみてください。

ちなみに背面タップの設定は以下のように行います。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてアクセシビリティをタップ
  3. タッチをタップ
  4. 一番下にスクロールして背面タップをタップ
  5. ダブルタップトリプルタップのいずれかをタップして、操作を割り当てる

背面タップを設定したのにできない原因とコツ

背面タップを使うための条件は満たしていて設定もできたのに、なぜか背面タップを使えない。そんな時の原因、そして背面タップのコツは以下の通りです。

タップする(叩く)位置は的確に

まず考えられる理由は「タップする(叩く)位置が的確でないケースです。

「背面」とはいえ、背面のどこでもいいわけではありません。背面タップでタップ(叩く)位置はiPhone本体の上1/3より上くらいの位置です。背面カメラの横か、ちょっと下くらいを叩くとより確実です。

あまり上すぎたり逆に下すぎてもタップが認識されにくいです。

スポンサーリンク

タップする(叩く)強さが弱すぎる

iPhoneやiPadを操作するときに画面をタップする強さで、iPhoneの背面をタップしても「背面タップ」は反応してくれません。

結構はっきりとした強さで背面をタップしてみてください。

特に分厚いケースや耐衝撃に優れたケースをつけている場合、タップが弱すぎるとタップした振動がiPhoneに伝わっていない可能性があります。

そういったケースをつけている場合は意識して強くタップしてもいいのかもしれません。