iPhoneをアイフォンではなくアイフォーンと読む理由

不思議に思ったことありませんか?
AppleのスマートフォンのiPhoneはどうして「アイフォン」ではなく「アイフォーン」なのでしょう。

Smart Phoneをカタカタにすると「スマートフォン」です。「スマートフォーン」なんて書きません。

Apple独特のセンスなのか。それとも何か理由があるのでしょうか。

使われている数でいうと圧倒的に「アイフォン」が多い

スポンサーリンク

皆さんは「iPhone」をカタカナで表記するとき「アイフォン」と書きますか?それとも「アイフォーン」と書きますか?

インターネット上では「アイフォーン」と「アイフォン」どちらの表記が多いのかGoogleを使って調べてみると、圧倒的に使われているのは「アイフォン」でした。アイフォンが2630万件でアイフォーンは422万件です。

ところが大手メディアなどでは「アイフォーン」と表記します。実際、Google検索で「アイフォーン」と記載しているサイトを書き出してみると

  • Wikipedia
  • 各種辞書サイト(コトバンク、goo国語辞典、Weblio辞書など)
  • WIRED.jp
  • ブルームバーグ(Bloomberg)
  • ロイター
  • 日本経済新聞

などいわゆる大手サイトや辞書サイトでは「アイフォーン」と表記されていました。

iPhoneを「アイフォン」と書かない理由「アイフォーン」と書く理由

スポンサーリンク

では、どうして大手サイトは「アイフォーン」と表記しているのか?というと、実はこれ「大人の事情」が理由なんです。

その昔、今から11年前の2008年にiPhoneが発売になったとき、ITmediaがAppleの広報に正式なカタカナ表記を問い合わせたことがあるそうです。そのときの回答でAppleは正式に「iPhoneはアイフォーンと書く」と答えたそうです。

では、どうして「アイフォーン」なのか?というと「商標の問題」です。

日本にはもともとインターホンの最大手「アイホン」という企業があり、その会社がアイフォンという商標を取得しています。

特許情報プラットフォーム」によるとアイホン社は1969年に「AIPHONE 読み:アイフォン」で商標を取得しています。

その後、アイホン社とApple社が「iPhone 読み:アイフォンなど」を2006年出願しています。

その後、両社で話し合いが持たれ、2008年3月にアイホン社がApple社に対して「日本国内で「iPhone=アイフォーン」として使うことを承諾する旨のニュースリリースを出しています。

そして商標としては2008年4月にアイホン社とApple社が同時に「iPhone」についての商標登録が完了しています。

アイホン社の「iPhone」は読み(呼称)として

  • アイフォン

だけを取得しており、Apple社は「iPhone」の読み(呼称)として

  • アイフォーン
  • アイフォン
  • イフォーン
  • アイホーン
  • イホーン
  • イフォン
  • アイホン
  • イホン

これらを取得しています。

また基本的に日本国内での「iPhone」のライセンスはアイホン社にあるらしく、実はAppleのウェブサイトやニュースリリースを見ると今でも小さな字で

iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。

と記載されているんですね。

余談:アイフォーンの使用権は年間1億!?

Appleが日本国内で「iPhone」や「アイフォーン」という名称を使うための使用料が気になったので調べてみると、以前東洋経済ONLINEに興味深い記事が書かれていました。

その記事によると、Appleはアイホン社に対して1年1億円という商標使用料を払っているそうです。

アイホン社の決算資料として「営業外利益」のなかにある「受け取りロイヤリティー」という項目があり、そこに「1億円」が形状されているとか。

ただこれについては個人的にはアイホン社がAppleからだけロイヤリティーをもらっているとも思えないので、1億円すべてがAppleからのものであると判断するのは、どうなのかな?と思います。

ちなみに2019年の「2019年3月期 第3四半期決算短信」では、受取配当金として1.25億円をアイホン社は受け取っています。

ただこれも当たり前ですがApple社からだけとは記載がないので、「アイフォーン使用料」がいくらなのかはわかりません。

関連記事