iPhone・iPadのカメラがQRコードを読まなくなったときの対処方法

スポンサー・リンク

2017年9月にリリースされたiOS 11から、カメラアプリを使ってQRコードを読み込むことができるようになりました。

iPhoneやiPadでQRコードを読み取る方法

特に設定をしなくてもiOS 11以降のiPhoneやiPadならQRコードにカメラをかざすだけでQRコードを読み取ってくれるのですが、稀に「QRコードが読めない」「今まで読み込んでいたのに読み込まなくなった」という声を聞きます。

そこで今回はQRコードが読み込めなくなったときの対処方法を紹介します。

QRコードを読み込むときの基本

スポンサーリンク

QRコードを読み込むときは以下のことに注意しましょう。

  • 明るさが十分あるかどうか
    薄暗い部屋ではQRコードは読み込みにくいです。
  • QRコードが近すぎないか
    あまりにもQRコードが近すぎるとピントが合わず、QRコードを読み込みません。
  • QRコードが遠すぎないか
    逆に遠すぎるとQRコードを認識してくれません。
  • 角度を付けすぎていないか
    斜め横や斜め上、斜め下からカメラをかざしても読み込まないことがあります。

他にもQRコードに大きな汚れが付いていたり、コピーの質が悪く鮮明でない、QRコードが小さすぎると読み込まない可能性があります。

QRコードの設定を確かめる

スポンサーリンク

ごく稀にiOSのアップデートのタイミングなどにQRコードの設定がオフになってしまうことがあります。

QRコードのスキャンがオンになっているか確認しましょう。

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてカメラをタップ
  3. QRコードをスキャンオンに。もしオンになっていても、いったんオフにして、再びオンにしてみましょう。

それでもダメなときに試したいこと

QRコードのスキャンを確かめても動かないときは、以下のことを試してみましょう。

カメラアプリを再起動

カメラアプリを一度終了させて、再び起動させると解決するかもしれません。

やり方がわからない方は機種によって若干異なるので、こちらの記事をご覧ください。

iPhone/iPadのアプリを終了させる方法

iPhone・iPadを再起動

カメラアプリの再起動でもダメなときはiPhone・iPadを再起動させてみるのも1つの手です。

こちらもお使いの機種によってやり方が異なりますので、別の記事をご覧ください。

iPhoneとiPadを再起動する方法。歴代の端末に対応。iPhone XS、iPhone XR、iPad Pro対応

アップルのサポートに相談

それでもダメなときはAppleのサポートに相談してみましょう。何か解決策を提示してくれるかもしれません。

あるとすれば、すべての設定をリセット、もしくはiOSの再インストールなのですが、どちらもそれなりに手間がかかるのでできれば避けて通りたいですね。

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告