Apple WatchでMacの解除ができないときの対処方法

Apple Watchを使い始めて「Apple Watch買ってよかったな」と思ったことの1つにMacのロックを解除できることが挙げられます。

ところが先日、突然Apple Watchを付けていてもMacbook Proのロックを解除してくれなくなりました。

そこでその時、学んだ「Apple WatchでMacのロックを解除できないとき」にどうすればいいのか紹介します。

自動ロック解除の端末かどうか確認する

スポンサーリンク

もともとApple WatchでMacを解除出来ていた場合は心配する必要ありませんが、最初から設定できない方のためにApple WatchとMacの対応機種を紹介します。

  • watchOS 3以降を搭載したApple Watch
  • macOS Sierra 以降を搭載した Mid 2013以降のMac

もしApple Watch Series 3以降で自動ロック解除を使いたい場合は、macOS High Sierra以降が必要になります。

ちなみに以下の操作を行えば、使っているMacが自動ロックに対応しているかどうかを確認することができます。

  1. 画面左上のアップルマークをクリック
  2. Optionキーを押すとシステム情報という項目が一番上に表示されるのでクリック。
    ※Optionを押さないとこのマックについてと書かれています。
  3. 画面左のメニューのなかのWi-Fiをクリック
  4. 自動ロック解除対応となっていれば、Apple Watchを使った自動ロック解除は行えるはずです。

Apple WatchとMacが自動ロックに対応していることを確認した上で、以下の設定を確認していきましょう。

MacとApple Watchは同じApple IDですか?

スポンサーリンク

次に確認したいことはMacとApple Watchは同じApple IDでログインしている必要があるので確認しておきましょう。

MacのApple IDを確認する方法

  1. 画面左上のアップルマークをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. iCloudをクリック
  4. プロフィールアイコンの下にApple IDが記載されています。

Apple WatchのApple IDを確認する方法

Apple WatchのApple IDはiPhoneで使っているApple IDなので、以下の方法で確認することができます。

  1. 設定を開く
  2. 画面一番上のプロフィールアイコンをタップ
  3. プロフィールアイコンの下にあるメールアドレスがApple IDです。

2ファクタ認証されていますか?

Apple WatchやMacで使われるApple IDは2ファクタ認証されていますか?

Apple WatchでMacの自動ロックを解除するには、使っているApple IDが2ファクタ認証されている必要があります。

2ファクタ認証になっているかどうかを確認する方法

  1. Apple IDのアカウントページにアクセス
  2. 調べたいApple IDでログインする
  3. セキュリティのなかに2ファクタ認証という項目があります。そこがオンになっていれば設定されているとういことです

2ファクタ認証を設定する(iPhoneで行う場合)

  1. 設定をタップ
  2. プロフィールのアイコンをタップ
  3. パスワードとセキュリティをタップ
  4. 2ファクタ認証を有効にするをタップ

その後は画面の指示に従って行うだけで設定することができます。

Macの設定を確かめる

次にMacの設定を確かめましょう。

  1. 画面左上のアップルマークをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. プライバシーとセキュリティーをクリック
  4. Apple WatchでこのMacのロックを解除できるようにするにチェックを入れる
  5. チェックが入っているときは、いったんチェックを外したのち、再びチェックを入れてみましょう。

この設定をオンにしたのち反映されるまで2-3分かかることがあります。

それでもダメなときは端末の再起動

上記の設定をすべて確認して、問題ないにも関わらずApple WatchでMacのロックを解除できないときは、Apple WatchとMacの再起動を行ってみましょう。

Apple Watchの終了方法と再起動のやり方

関連記事