iPhone/iPadでアプリが起動しない・落ちるなど調子が悪いときの対処方法(iOS 14・iPadOS 14対応)

アプリを起動しようとしたら、なぜか落ちてしまう。そんな経験ありませんか?

アプリをタップしてもすぐに落ちて、またタップしても落ちる。何度繰り返してもアプリが起動しなくなってしまうことがあります。

この記事では特定のアプリが起動しない、または頻繁に落ちてしまうときにどうすればいいのか、対処方法を紹介します。

アプリが起動しない・落ちる時の対処方法

スポンサーリンク

対処方法その1:アプリを終了→再起動させる

アプリがうまく起動できないとき、一番手軽に試せることは「アプリを終了させる」です。

アプリを終了させたのち、再びアプリを起動させると問題なく使えるようになっていることがあります。

アプリの再起動はお使いの端末やiOSのバージョンによって若干異なりますので、下記のやり方を参考にしてみてください。

ホームボタンのないiPhoneやiPadの場合

iPhone 12やiPhone 11、iPhone XRのようなホーム画面のないiPhoneや、ホームボタンがないiPad Pro、iPad Air 第4世代でアプリを強制終了させる方法は以下の通りです。

  1. 画面下の白、または黒のバーを上にスワイプ
  2. アプリの一覧で終了させたいアプリを上にスワイプ

ホームボタンのあるiPhoneやiPadの場合

ホームボタンがあるiPhoneやiPadでアプリを終了させる方法は以下の通りです。

  1. ホームボタンをダブルクリック
  2. 終了させたいアプリを上にスワイプ

対処方法その2:iPhone/iPadを再起動する

アプリを強制終了してもアプリが起動できない、落ちてしまうときは一旦iPhoneやiPadを再起動してみましょう。

意外とそれだけで問題が解決することがあります。

iPhoneやiPadの終了方法と起動方法をご存知ない場合は以下の記事を参考にしてみてください。

対処方法その3:アプリやiOS・iPadOSをアップデートする

もしアプリやiOS・iPadOSにアップデートがあればアップデートをしましょう

iOSやiPadOS、アプリに不具合があってうまく起動できなかったり、頻繁に落ちているのかもしれません。

特にiOSやiPadOSをアップデートしたあとは、最新のiOS/iPadOSにアプリが対応していない可能性もあります。そんな時はアプリのアップデートを必要とすることがあります。

iOS・iPadOSをアップデートする方法

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. ソフトウェア・アップデートをタップ

iOS・iPadOSのアップデートがあれば、あとは画面の指示に従って進むだけです。アップデートは時間がかかることがありますので、時間に余裕を持って行いましょう。

アプリをアップデートする方法

iOS 13・iPadOS 13かそれ以降の場合
  1. App Storeを開く
  2. 画面右上のApple IDのアイコンをタップ
  3. 下にスクロールし、最近のアップデートからアップデートをタップ

もし何もアプリのアップデートが出ていない場合は、アカウントの画面を下にスワイプして再読み込み(リロード)すると、アプリのアップデートが出てくることがあります。

iOS 12か、それ以前の場合
  1. App Storeを開く
  2. 画面下にあるアップデートをタップ
  3. アップデートしたいアプリのアップデートをタップするか、すべてアップデートをタップ

対処方法その4:アプリを一度消して再度インストールする

これまでに紹介した方法をやってアプリが起動しない場合は、アプリを一旦削除して再度インストールすることで解決することがあります。

アプリは通常の削除もできますが、アプリで作成したデータや設定が消えてしまうのであまりお勧めしません。

再びインストールするときはアプリの本体だけを削除して、アプリの設定やアプリで作成したデータを削除しないAppの取り除くという方法をお勧めします。

アプリを削除アプリを取り除くの違いは別で記事を用意していますので、興味がある方はそちらの記事もご覧ください。

アプリを取り除く方法

アプリを取り除きたい場合は

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. iPhoneストレージ、またはiPadストレージをタップ
  4. 削除したいアプリをタップ
  5. Appを取り除くをタップ
  6. 確認画面のAppを取り除くをタップ

以上でアプリ本体が削除されます。その後、同じ画面でAppを再インストールをタップすると、アプリは再びインストールされます。

それでも駄目なときは

スポンサーリンク

それでも駄目なときはアプリの開発元にメールやメッセージを使って問い合わせをしてみましょう。

何かしらの解決策を持っているかもしれません。「次回のアップデートで修正されます」といった情報をくれるかもしれません。

また次回のiOS・iPadOSのアップデートを待ってみたり、Appleのサポートに相談してみるのも1つの手です。

関連記事