Apple Watchの問題解決

Apple Watchのアプリを並び変える2つの方法、それ以外の解決策

スポンサーリンク

Apple Watchのホーム画面はiPhoneやiPad、パソコンと違った並び方をしていて、慣れないとどこに何のアプリがあるのか探しにくいですよね。

iPhoneやiPad、パソコンのように規則正しく並んでいるわけではなく、またアイコンが小さいし、操作も縦横自由に動けるので上手に探せません。

そんなときはアプリの並び替えを行って、自分の探しやすいようにホーム画面に並んでいるアプリの配置を変えてみましょう。

アプリを移動させる2つの方法

Apple Watchのアプリの位置を変えるには2つの方法があります。

Apple Watchでアプリを並び替える

アプリの位置を変える1つめの方法は、Apple Watchdで変える方法です。

スポンサーリンク

やり方はiPhoneと一緒です。

Apple Watchでアプリを並べ替える方法

アプリが並んでいるホーム画面でアプリのアイコンを長押しすると、アプリのアイコンの大きさがすべて同じになり、iPhoneのアプリと同じようにアイコンがプルプル震えます。

あとは移動させたいアプリをドラッグ&ドロップで移動させましょう。

削除(アンインストール)できるアプリは、アプリのアイコンに☓が表示されます。削除(アンインストール)するときは、☓をタップしてアプリを消しましょう。

iPhoneのWatchアプリで移動させる

もう1つの方法はiPhoneのWatchアプリで移動させる方法です。

iPhoneでApple Watchのアプリを並び変える方法
  1. iPhoneのWatchアプリを開く
  2. Appのレイアウトをタップ
  3. 動かしたいアプリを長押しする
  4. 長押ししたアイコンを好きなところに移す

iPhoneで行った変更でも、Apple Watchにすぐに反映されます。

2つの方法は使い分けが大切

この2つの移動方法。どちらがいいのでしょうか。

スポンサーリンク

個人的にはどちらが良いではなく、使い分けることが大切だと思っています。

Apple Watchで並び替えるメリット・デメリット

Apple Watchでホーム画面を表示させた時、常に中心に来るのは時計のアプリです。これだけは動かせません。そのため、この時計のアプリの周りは頻繁に使うアプリを置くと便利です。

中心から外れれば外れるほど、探しにくくなります。

そのため実際のApple Watchを使いながら、どこが見つけやすくて、どこが見つけにくいのか把握しながらアプリの移動ができるのは大きなメリットです。

一方、アプリの数増えてくると、小さな画面で整理するのは難しくなったり、全体像の把握はなかなかできません。

iPhoneで並び替えるメリット・デメリット

一方、iPhoneで並び替えるのは大きな画面でアプリの並びを全体的に見ることができるので、全体像を把握しやすいです。また操作もしやすいです。

そのかわり、Apple Watchの画面でどう見えるかはわかりませんので、iPhoneで良いと思った並び替えもApple Watchで見るとイマイチな可能性があります。

スポンサーリンク

表示方式を変えてみるのも1つの解決策

Apple Watchのアプリの並び方がどうしても馴染めないときは、並び方自体を変えてしまうのも1つの解決策です。

あまり知られていませんが、Apple Watchにはアイコンをグリッド表示(初期設定の並び方)だけでなく、リスト表示もあるんです。

Apple Watchの表示をリスト表示にする方法

リスト表示にするには

  1. ホーム画面を3Dタッチ(グッと押す)
  2. グリッド表示リスト表示と表示されるので、リスト表示をタップ

これでアプリの表示が代わります。ちなみに並び順は名前順です。

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。