Apple(純正品)以外のUSB C・Lightningケーブルの購入は要注意!

スポンサー・リンク

Macbook Pro 2017年モデルを購入してから、できるだけUSB-C接続のものに切り替えようとしていますが、未だに選択肢がすくなかったり値段が高めのものが多いです。

なので結局USB-Cと従来のUSB(USB-A)の変換コネクタを使うことになるのですが、いかんせん見た目がカッコ悪いです。

そこでiPhoneの充電をUSB-C・Lightningで行おうと、Apple純正以外のケーブルを何種類か試しましたが、ことごとく外れています。そこで今回はそこから学んだことを紹介していきます。

純正品以外は粗悪品が多い

スポンサーリンク

過去にApple純正以外、つまりサードパーティー製のUSB-C・Lightningケーブルを何種類か購入しました。

ここでは敢えて社名は出しませんが、どの商品もAmazonのページはこんな感じでした。

  • レビューが比較的良い
  • 1000円前後
  • 高品質
  • 信頼性試験に合格(といっても自社の)
  • 高耐久性
  • PD(Power Delivery)対応

ところが実際使ってみると、使い始めこそ問題ないもののしばらく(1-2ヶ月)すると、こんな症状が出始めました。

  • 充電はできるが、iTunesが認識しない
  • 充電ができたりできなかったり。断線なのか挿し方を変えると繋がったり、接続が不安定
  • 最終的には使えなくなる

USB-C・Lightningというケーブルがまだあまり需要がないから、製品の品質が安定しないのかもしれませんが、「安かろう悪かろう」という製品ばかりです。

もちろん抜くときは根元を持って抜いてます。それでも壊れてしまうんです。

だからといって純正品を買うと4000円以上します。

なので、結局はサードパーティーのUSB-AタイプのLightningケーブルを買って、変換コネクタを挿して使っています。とはいえ、このUSB-AタイプのLightningケーブルも寿命は短いことが多いです。

USB-C・USB-Cに早くなって欲しい

スポンサーリンク

汎用的に使えるUSB-Aタイプのケーブルはいろいろな製品に付いてきて、壊れることがあまりないので、数が増えるばかりです。

それと比べてLIghtning端子が付くケーブルは非常に寿命が短いです。

なので、iPad Pro 2018年モデルはUSB-C端子になったし、ぜひ次期iPhoneもUSB-Cにして、充電ケーブルはUSB-C・USB-Cになったらいいなと勝手に期待しています。

ということでUSB-C・Lightningケーブルの購入は気を付けましょう。

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告