【iPhone 11】iPhone Xから買い換えるべき?機能を比較

iPhone X発売から2年。そろそろ新しいiPhoneに買い換えたいという方のために、この記事ではiPhone XとiPhone 11の機種の機能や性能を比べていきます。

2年でどのくらい性能が上がっているのか、どんな機能が追加されているのか一覧でご覧ください。

iPhone XユーザーはiPhone 11を買うべき?見送るべき?

スポンサーリンク

細かい比較を紹介する前、iPhone XユーザーがiPhone 11を買うべきかどうか?僕なりの考えをまとめました。

僕はiPhone Xを使っています。
正直、使っていて遅いと感じることはなくカメラの画質にも不満はありません。

iPhone XユーザーにとってiPhone 11にするメリットは

  • 超広角カメラが搭載される
  • ナイトモードで暗所の撮影ができるように
  • 全体的な性能の向上
  • バッテリーの保ちがよくなる

これらが挙げられます。また「個人の好み」「使用用途」によって善し悪しが別れるのは

  • iPhone 11は超広角レンズ、iPhone Xは望遠レンズがある
  • 色がiPhone 11はポップなものが多い
  • iPhone 11の方が若干大きく重たい

さらにiPhone 11のほうが劣る点として

  • ディスプレイがiPhone Xは高精細な有機ELディスプレイ。iPhone 11はLCD(液晶)
  • 画面のフチ(ベゼル)がiPhone Xのほうが細い

ディスプレイは下でも触れますが、普通の人が見て気になるレベルではありません。

それよりもバッテリーの保ちや「超広角レンズが搭載され、その代わり望遠レンズがなくなる」「ナイトモードが搭載」されていることをどう捉えるか?ではないでしょうか。

iPhone 11とiPhone X。どこが違う?

スポンサーリンク

iPhone Xといえば2年前に発売された機種。iPhoneシリーズとしては初めてホームボタンがなくなり、Face IDが搭載された記念すべき機種です。

その後、iPhone XSやiPhone XRが発売され、今年iPhone 11シリーズが発売されることとなりました。

この2年間でiPhoneがどのくらい進化したのか、細かく比較していきます。
基本的に2つの機種で同じ機能、同じ数値のものはここでは記載しません。

本体:サイズ・重量など

iPhone XとiPhone 11で大きく違う点の1つとして、本体やディスプレイの大きさ、さらに色味の違いがあります。

これらは完全に「好みによる」と思います。

より携帯性が高いのがiPhone X。画面が大きいのがiPhone 11です。あとは重さが20グラム違うので、それを良しとするか?ですね。

ちなみに20グラムはだいたい「単3電池1本」もしくは「500円玉3枚」です。

iPhone 11iPhone X
サイズ150.9 x 75.7 x 8.3 mm143.6 x 70.9 x 7.7 mm
重さ194 g174 g
素材アルミニウムステンレススチール
カラーブラック、ホワイト、イエロー、パープル、グリーン、レッドスペースグレイ、シルバー

ディスプレイ

iPhone 11とiPhone Xを比較すると多くの機能がiPhone 11のほうが勝っているのですが、実はディスプレイに関してはiPhone Xのほうが、より高精細なものを使っています。

その理由はiPhone Xが有機ELディスプレイ(OLED)を搭載しているからです。

とはいえ、実物を見比べるとほとんど違いが気になることはありません。

iPhone 11iPhone X
6.1インチ5.8インチ
LCDディスプレイ有機EL(OLED)ディスプレイ
1,792 x 828ピクセル 326ppi2,436 x 1,125ピクセル 458ppi
1,400:1コントラスト比1,000,000:1コントラスト比
3D Touch

プロセッサ・メモリー

プロセッサは順当にiPhone 11のプロセッサ性能が上がっています。

iPhone 11iPhone X
A13 Bionic 第3世代のニューラルエンジンA11 Bionic ニューラルエンジン
4GB3GB

CPUやメモリ以外にパソコンやスマホ・タブレットの性能を計測するアプリGeekbenchのスコアがこちらです。

数値は計測する度に若干数値が異なるため、ある程度数字を丸めたものです。

iPhone 11iPhone X
シングルコア情報待ち4,250
マルチコア情報待ち10,375
グラフィック情報待ち15,700

防沫・耐水・防塵性能

iPhone 11iPhone X
IP68IP67
水深2メートルで最大30分間水深1メートルで最大30分間

背面カメラ

カメラで大きく違うのはiPhone Xは「広角と望遠」が搭載され、iPhone 11は「広角と超広角」が搭載されています。

これはどちらが良いとかではなく完全に好みです。

それ以外は比較だけではわかりにくいのですが、iPhone 11のほうが圧倒的にキレイな写真を撮ることができるようになっています。iPhone XからiPhone XSに変わったときも大きな進化を感じたので、iPhone XからiPhone 11の場合はもっと大きな進化を感じることができるはずです。

またiPhone 11はナイトモードが搭載されているので、暗所撮影に強くなっています。

iPhone 11iPhone X
カメラ2つ(広角と超広角)2つ(広角と望遠)
広角F1.8 / 12MP 光学手ぶれ補正F1.8 / 12MP 光学手ぶれ補正
超広角F2.4 / 12MP
望遠F2.4 / 12MP 光学手ぶれ補正
ズーム2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズームイン
2倍の光学ズームイン
最大10倍のデジタルズームイン
ポートレート6種類5種類
フラッシュより明るいTrue ToneフラッシュクアッドLED True Tone
ナイトモード
HDR次世代のスマートHDR写真の自動HDR

TrueDepthカメラ(セルフィーカメラ)

レンズ自体の数値は同じではありますが、自動処理などが大幅に向上したことで画質自体は大幅に向上しています。

iPhone 11iPhone X
レンズF2.2 / 12MPF2.2 / 7MP
ポートレートモード6種類5種類
4Kビデオ撮影◯ 24fps,30fps,60fps
スローモーションビデオ1080p / 120fps
HDR次世代のスマートHDR自動HDR

ビデオ撮影

iPhone 11はカメラのレンズや内部処理が大幅に向上しているため、動画の画質はかなり向上しています。

またiPhone 11は写真撮影中に動画の撮影にすぐに切り替えることができるQuickTakeビデオにも対応しているため、以前よりも動画を撮影するチャンスを逃しません。

iPhone 11iPhone X
ビデオの拡張ダイナミックレンジ最大60 fps
光学手ぶれ補正広角のみ
※超広角は非対応
広角
ズーム2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームイン
最大6倍のデジタルズーム
オーディオズーム
映画レベルのビデオ手ぶれ補正4K、1080p、720p1080pと720p
フラッシュより明るいTrue ToneフラッシュクアッドLED True Tone
QuickTakeビデオ

Face ID

Face IDに関しては「仕様」を見るかぎり同じことが記載されていますが、iPhone 11のFace IDは、より反応が早くなり以前よりも認識距離が長く、認識できる角度も広がっていると発表されていました。

携帯電話/ワイヤレス通信方式

iPhone 11iPhone X
Wi-Fi 6
空間認識に対応した超広帯域チップ

バッテリー

iPhone 11はバッテリー容量が約15%アップし、使用時間がかなり伸びていることがわかります。
またiPhone X発売と同時に買った人は2年使っているので、バッテリーの保ちが悪くなっているはずです。

そういう意味でバッテリーの保ちはかなり実感できるはずです。

iPhone 11iPhone X
ビデオ再生17時間13時間
オーディオ再生65時間60時間
バッテリー容量3,110 mAh2,716 mAh

 

関連記事