【iPhone・iPad】パソコンとiCloudのバックアップはどう違う?

iPhoneやiPadの大切なデータを守る「バックアップ」
バックアップは主にパソコンにバックアップを取る方法と、iCloudにバックアップする方法の2通りあります。

この2種類のバックアップ方法、バックアップをする場所以外に何か違いがあるのでしょうか?

実はそれぞれメリットとデメリットがあるんです。

そこでこの記事では「パソコン」と「iCloud」で取るバックアップの違いと、それぞれのメリット・デメリットを紹介して行きます。

パソコンに取るバックアップとiCloudに取るバックアップの違い

スポンサーリンク

それぞれのメリットとデメリットを知る前に、パソコンで取るバックアップと、iCloudで取るバックアップの違いから、まずは見ていきましょう。

違い1:バックアップの保存先が違う

まず1つ目の違いはわかりやすいです。バックアップの保存先が違います。

パソコンに取るバックアップはWindowsパソコンやMacの中に保存されます。

一方、iCloudに取る場合はインターネット(クラウド)上にバックアップを取ります。そのためバックアップを取るにはWi-Fiやモバイル通信の環境が必要になります。

バックアップされる内容はほぼ同じ

パソコンに取るバックアップも、iCloudに取るバックアップも端末のほぼすべてのデータと設定がバックアップされます。

以前はiCloudでは保存されないものが多くありましが、その差はほとんど無くなりました。

ちなみに以下のデータはパソコン(暗号化したもの)・iCloudともにバックアップされません。

  • iCloudにすでに保存されているデータ
    (連絡先、カレンダー、メモ、iCloud写真、iMessage、ボイスメモ、SMS・MMS、ヘルスデータなど
  • GmailやExchangeメールなど他のクラウドサービスで保管されているデータ
  • Appleメールのデータ
  • Apple Payの情報と設定内容
  • Face IDやTouch IDの設定
  • iCloudミュージックライブラリや、App Storeのコンテンツ

最後の「App Storeのコンテンツ」は購入したアプリのことです。
つまりiTunesもiCloudもバックアップデータの中にアプリは含まれず、iOSや細かい設定の復元後にWi-Fiなどを通じてダウンロードすることになります。

情報元:iOSデバイスのバックアップについて|Appleサポート

パソコンにバックアップするメリット・デメリット

スポンサーリンク

まずパソコンにバックアップを取った場合のメリットとデメリットです。

メリット:復元にかかる時間が圧倒的に短い

パソコンににバックアップを取る場合、保存されたデータはすべてパソコンの中にあるので、iPhoneやiPadを復元するときはケーブルを使って復元データを移行します。

ところがiCloudはオンライン上にあるバックアップデータをダウンロードしなければなりません。もし20GBのバックアップデータがある場合データは20GBのダウンロードが必要です。

そのためデータをダウンロードするのに時間がかかります。特にインターネット回線があまり速くない家は大変かもしれません。

つまりパソコンを使って復元する方が、圧倒的に復元にかかる時間が短いということです。

デメリット:意外とディスク容量を取る

iPhoneやiPadのバックアップは意外とディスク容量を取ります。
もし複数の端末を持っていたら尚更。さらにバックアップは1端末1つではなく複数取られることもあるので、気がついたらかなりのスペースを占めてしまうことも。

必要であればバックアップファイルの保存場所をパソコン本体ではなく、外付けハードディスクなどに変えてあげるといいかもしれません。

デメリット:パソコンが壊れたり手元にないと復元できない

もしバックアップデータが入ったパソコンのハードディスクが壊れてしまったら。その場合、バックアップデータは消えてしまいます。

またiPhoneやiPadを出先、例えば出張先や旅行先で復元しなければいけなくなった時、手元にバックアップがなければ復元はできません。

iCloudバックアップのメリット・デメリット

続いてiCloud経由でバックアップを取るときのメリットとデメリットです。

メリット:インターネット環境があればいつでもできる

パソコンにバックアップを取ったり、パソコンのバックアップデータから復元を行うにはそのバックアップデータが手元になければいけません。

ところがiCloudはインターネット環境さえあればいつでも、どこでもバックアップを取ったり、復元することが可能です。

デメリット:iCloudは無料で5GBまで。それ以上は有料

iCloudのストレージは無料で使えるのが5GBまでとなっています。

ところがiPhoneやiPadの容量は64GB、さらにiPadに至っては1TBというモデルがあります。つまり5GBではほとんどの人がストレージの容量が足りません。

つまりiCloudにバックアップを取りたい場合、ほとんどの人がストレージのアップグレードを行う必要があります。

ちなみにiCloudの追加料金は

  • 50GB … 130円/月
  • 200GB … 400円/月
  • 2TB … 1,300円/月

となっています。

情報元:iCloudのストレージプランと料金|Appleサポート

デメリット:復元に時間がかかる

iCloudのデータはオンライン上にあるため、復元を行うためにはすべてのデータをダウンロードしなければなりません。

そのため復元には非常に時間がかかります。数時間、バックアップのデータサイズによっては丸1日かかることも視野に入れておいた方がいいかもしれません。

まとめ:パソコンへのバックアップが基本

いろいろ書きましたが、結局のところパソコンに暗号化のバックアップを取ることをおすすめします。

パソコンへのバックアップはiPhoneやiPadがパソコンに接続されれば勝手にバックアップされるので、iPhoneやiPadの充電を家で行うときはパソコンに繋いで行う習慣を付けるようにしましょう。

ただ予備として、iCloudへのバックアップを付けておくのもありです。iCloudは5GB以上有料と書きましたが、200GBで4800円です。そんなに驚くほど高いものでもありません。

関連記事