Apple Watchのバックアップを取る方法とバックアップされる内容

Apple Watchのバックアップを取る方法とバックアップされる内容

Apple Watchにアプリをインストール(追加)する方法
Apple Watchの省電力モードを解除できない/戻せないときの対処方法
Apple Watchのタイマーが鳴らない・振動しない時の対処方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPadのバックアップを取るとき、Lightningケーブルを端末に接続しiTunes経由でバックアップを行うか、iCloudでバックアップを取ります。

ところがApple WatchにはLightningケーブルを挿すことができません。また、iCloudでバックアップを取るような項目もApple Watchの設定の中にありません。

いったいどうすればApple Watchのバックアップを取ることができるのでしょうか。

Apple Watchにバックアップはあるのか

Apple Watchを使っていて、自分でバックアップをしたり操作中に「バックアップ中です」と出ることもなく、「バックアップしている」と感じることがまったくありません。

またApple Watchの中や、Apple WatchとペアリングしているiPhoneのwatchアプリのなかにもバックアップという項目はありません。

スポンサーリンク

では、Apple Watchはバックアップが取っていないのか?というとそんなことはありません。バックアップは常に取られています。

どこにApple Watchのバックアップファイルがあるのか?というと、iPhoneの中にあります。

Apple Watchのバックアップを取る方法

Apple WatchとiPhoneは同期の関係

Apple WatchのバックアップはペアリングしているiPhoneに自動で行われています。厳密にいうと、iPhoneとApple Watchは常に同期状態の関係なんです。

つまりApple Watch側でアプリを削除したら、iPhoneと同期されすぐにiPhone内のApple Watchの情報が更新されます。またiPhoneのwatchアプリでApple Watchのホーム画面のアプリのレイアウトを変えたら、すぐさまApple Watch内のレイアウトが変更されます。

Apple Watchのバックアップをバックアップ

「バックアップのバックアップ」というとわかりにくいかもしれませんが、Apple WatchのデータはiPhoneの中にありますが、そのiPhoneが壊れてしまったり、なくしたり、盗まれてしまったらどうしましょう。

その時のためにiPhoneのなかにあるApple Watchのバックアップを、iPhoneのバックアップと一緒にiTunesやiCloudにバックアップすることができます。

このときも特別な操作は必要なく、いつもどおりiPhoneのバックアップをiTunesやiCloudに行うだけでOKです。

スポンサーリンク

Apple Watchは何がバックアップされるのか

では、次にApple Watchのバックアップでは何が保存されているのでしょうか。

  • アプリ自体とそのアプリの設定情報
  • ホーム画面のAppのレイアウト
  • 文字盤の設定(現在使っている文字盤やカスタマイズ内容、並び順など)
  • Dockの設定。よく使う項目と最近使った項目のどちらで並べているか、利用できるアプリ
  • 文字盤や明るさなど一般的なシステム設定
  • ヘルスケアやフィットネスのデータ。
    iCloudを使うか、iTunesでバックアップを取る場合は暗号化されている必要があります。
  • 通知設定
  • Apple Watchに動悸しているプレイリストやアルバム、ミックス、ミュージックAppの設定
  • Siriが話すタイミングを制御するApple Watch Series 3のSiriの音声フィードバック設定
  • 同期済みの写真アルバム
  • 時間帯

逆に以下のものはバックアップされません。そのためバックアップから復元した場合は再度設定する必要があります。

  • Bluetoothのペアリング情報
  • Apple Watchで使えるようにしていたApple Payで使っていたカード類
  • Apple Watchのパスコード

スポンサーリンク

COMMENTS